閉じる
  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  2. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
  3. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  4. インク容量が約2倍の新型2モデルを発表。来年1月から販売開始へ、エプソ…
  5. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  6. 広告の効果検証WEBサービス「OOH-ATLAS」を共同開発、ケシオン…
閉じる
閉じる
  1. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  2. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  3. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森…
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
  5. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告…
  6. 広告の効果検証WEBサービス「OOH-ATLAS」を共同開発、ケシオン…
  7. インク容量が約2倍の新型2モデルを発表。来年1月から販売開始へ、エプソ…
  8. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  9. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  10. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がり…
閉じる

看板経営.com | 看板・サインの最新情報配信サイト

タグ:業界見本市

リンテックサインシステム(LSS)は11月15日、JAPANTEX 2019内のイベント「第1回 デジタルプリントインテリア・フォーラム」において、2講演にわたる特別セミナーを実施。デジタルプリント壁紙に今後期待されるブレークスルーの可能性…

販売促進戦術をはじめとする最新のセールス・プロモーション情報が集結する「第60回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー(PIショー)秋2019」が16日、池袋サンシャインシティ・コンベンションセンター文化会館で開幕となった。期間…

国内最大のサイン・ディスプレイに特化した広告資機材展「サイン&ディスプレイショウ2019」が8月29日(木)午前10時、東京ビッグサイト青海展示棟Aで開幕となった。開催期間は8月31日(土)までの3日間で、時間は午前10時〜午後5時。入場料…

3月5日に中国・上海で開幕したアジア最大の広告資機材展「APPP EXPO」で、現地時間の5日14時にSKYJET社が5000mm幅ロールtoロールUV機の最新機を大々的に発表した。新機種の名称は「SDH5000」。開発には3年以上…

エプソン販売は、エコソルベントインク搭載プリンタによる「カンタン色合わせ体感イベント」を全国7カ所で開催する。期間は2019年1月21日から2月5日まで。業界関連のセミナーも実施するほか、ガーメントプリンタ、昇華転写プリンタ、ラベルプリンタ…

国内最大のサイン・ディスプレイに特化した広告資機材展「サイン&ディスプレイショウ2018」が、8月30日から9月1日までの3日間にわたり東京ビッグサイト西2ホールで開催された。主催は東京屋外広告美術協同組合。開催規模は128社・326小間。…

日本製図器工業(NSK)世界で最も使用される大判UVインクジェットプリンター「durst Rho」から、ボードとロールの両資材に高い対応柔軟性と生産性を持つP10シリーズ最新機「Rho P10 160」を実機出展。同機は最大印刷幅1…

エプソン販売現在最も国内販売台数を伸ばす、多色低溶剤インクジェットプリンター「SC-S80650」による出力デモンストレーションを展開。同機は、レッド搭載9色インクにより質感表現のリアリティが求められる領域にも対応可能な表現力を持つ…

アコ・ブランズ・ジャパン(ACCO)米国産ハイエンドモデルのホット&コールド兼用ラミネーター「SEAL62ProS」による実機デモンストレーションを展開。同機は、スマートな外観に操作性を配慮した多数の機能、そして最高クラスの圧力で安…

キヤノンマーケティングジャパンUV硬化型フラットベッドIJP「Arizona 1280GT」に最適な隆起印刷ソリューション「Touchstone」を国内初披露。これは、クリアインク搭載UV機の特性を活かした水滴のシズル感や木目の凹凸…

富士フイルム グローバル グラフィック システムズ(FFGS)今年5月のドイツ・FESPA2018で注目を集めた大判UVインクジェットプリンター「AcuityUltra」を国内初披露。スーパーワイドフォーマットと総称される3.2m幅…

IGAS2018(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)が、7月26日から31日までの6日間にわたり東京ビッグサイト東展示棟で開催された。IGASは、アメリカのPRINT、イギリスのIPEX、ドイツのdrupaと肩を並…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用、キングジム
  2. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  3. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会
  5. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告へ、JOLED
ページ上部へ戻る