閉じる
  1. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  2. 9月の国内景気は建設需要と駆け込み需要が押し上げ、帝国データバンク
  3. 【S&Dショウ2019】業界最大の広告資機材展、本日10時開幕
  4. ヒット 大阪新御堂線沿いロードサイドに165㎡の大型LEDボードを新設…
  5. LSS デジタルプリントによる内装装飾を一堂に会す「中野ショールーム」…
  6. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏…
  7. 高田馬場駅に大正製薬初の単独LEDビジョンが登場、10月1日に稼働開始…
  8. 都内初のPMによる屋外広告の実証実験にコンテンツ提供、セイビ堂
閉じる
閉じる
  1. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏…
  2. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  3. デジタル印刷とエンボス加工をワンストップでできるラテックス機を紹介、N…
  4. 「教えて!あなたの好きな町田の看板」 町田市で屋外広告物コンクールを開…
  5. モンスト 6周年を記念し渋谷をジャック SNSと連動したキャンペーンを…
  6. 9月の国内景気は建設需要と駆け込み需要が押し上げ、帝国データバンク
  7. 布素材のプロファイル作成を可能としたIJ出力のカラーマネージメント、エ…
  8. Metro Ad Creative Award 2019の作品募集開始…
  9. 高田馬場駅に大正製薬初の単独LEDビジョンが登場、10月1日に稼働開始…
  10. 都内初のPMによる屋外広告の実証実験にコンテンツ提供、セイビ堂
閉じる

看板経営.com

タグ:改正

厚生労働省は2月1日、労働安全衛生法施行令(安衛法)と労働安全衛生規則(安衛則)の一部を改正し、施行した。この政省令改正により、高さ6.75m以上の高所(建設業では5m以上で推奨)では、使用する墜落制止用器具(旧名称:安全帯)を「フルハ…

神奈川県川崎市は、今年12月の市議会で市屋外広告物条例の一部改正案を提出する。これが可決されると、禁止区域・物件であっても公益性があれば広告の掲出が可能となる。同条例は1971年に施行されたもので、禁止地域や禁止物件での広告制限など…

千葉県では、屋外広告物条例の一部改正(案)について、来週7月3日(火)までパブリックコメントを募集している。今回の改正点は2つ。1つ目は、景観行政団体である「流山市」が、地域の特性にあった規制誘導を図れるよう、同市独自の条例制定を可…

札幌市は15日、2015年2月に札幌市中央区で起きた看板落下事故を受け、「有資格者による点検」を義務化する方針を固めた。違反者には罰金30万円以下を科す見通し。本年度内に市屋外広告物審議会が「屋外広告物条例」の改正案をまとめ、市議会に提出し…

安全標識と安全色に関わる日本工業規格(JIS)が13年ぶりに改正された。改正されたのは、JIS Z 9101「図記号―安全色及び安全標識―安全標識及び安全マーキングのデザイン通則」、JIS Z 9103「図記号―安全色及…

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏
  2. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  3. デジタル印刷とエンボス加工をワンストップでできるラテックス機を紹介、NSK
  4. 「教えて!あなたの好きな町田の看板」 町田市で屋外広告物コンクールを開催
  5. モンスト 6周年を記念し渋谷をジャック SNSと連動したキャンペーンを実施
ページ上部へ戻る