新社長・栗林治夫氏の就任を発表する記者会見を実施。今後の事業目標に「環境」「省人化」「DX/共創」の3つをキーワードに掲げる エプソン販売

エプソン販売は4月1日、新たな代表取締役社長に、栗林治夫氏が就任したと発表した。同25日には、報道関係者を対象とした「エプソン販売新社長就任に伴う懇談会」を実施。栗林氏と合わせて、4月から新役員となった豊田誠取締役 販売推進本部長、木村勝利取締役 コンシューマ営業本部長、橋本倫明取締役 エンジニアリング営業SBU本部長も紹介された。

ホテルのパーティルームを貸し切り、厳かな雰囲気で記者会見が行われた

栗林氏は、1991年にセイコーエプソンへ入社。1995年からはエプソン販売でPCの販売推進業務に携わっていたそうだ。そして2020年からの取締役 ビジネス営業本部長、2023年からの取締役 販売推進本部長を経て、代表取締役社長へ就任した。

4月1日付けで代表取締役社長に就任した栗林治夫氏

栗林氏は冒頭、「世間でより重要性を増しつつある環境対応に向けた支援サービスを強化していきたい」とコメント。脱炭素をはじめとする企業の環境課題を解決する専門チームを2022年4月から設置しているものの、まだあまりクライアントへの浸透が進んでいない現状を顧みて、「今後はこの専門チームでの取り組みにも注力していき、各企業の状況把握、課題の洗い出しに努めていきたい」と力を込めた。

脱炭素社会の実現を目指し、今後はサステナビリティ経営に向けた企業への推進支援サービスをより拡大していく予定となっている

さらに同社は今後の事業目標として、「環境」「省人化」「DX/共創」の3つをキーワードに掲げ、それぞれへのサービス強化を提唱。環境面では前述したサービスの拡充、省人化に関してはロボット事業の拡大による生産性向上、DXでは自動化に伴う働き方改革の推進と、それぞれの分野でユーザーの課題を解決するさまざまなソリューションを展開していくという。

「環境」「省人化」「DX/共創」の3つのキーワードを軸に、ユーザーの課題を解決するさまざまなサービスを提供していく

その後、12時からは参加者たちによる懇談会を実施。立食パーティ形式で、来場者との和やかな談話が繰り広げられた。

左から、木村勝利氏、栗林治夫氏、豊田誠氏、橋本倫明氏

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 2020年における大判IJPの販売実績は総額425億4,900万円で推移、JBMIA

  2. ポイ活アプリを活用した交通広告のテスト販売を開始。より詳細な広告効果の検証が可能に、ジェイアール東日…

  3. Tシャツへのワンポイント印刷や名入れ印刷の内製化を勧めるオンラインセミナーを実施、理想科学工業

  4. 工具なしでブロック塀に看板を設置できる「看板フック」に新サイズが登場、ハクロマーク製作所

  5. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP

  6. 日本3大がっかり観光地「はりまや橋」の新名所をクラウドファウンディング看板で発信

  7. 壁面のレールにチャンネル文字を引っかけるだけでLEDが点灯。非接触給電サイン「KAGAYAKI」を発…

  8. 電車内のデジタルサイネージを対象にしたテレビ局「TRAIN TV」が誕生! JR駅構内の約65,00…

  9. 後継ぎがいない伝統産業の引き継ぎを支援する動画講座「事業承継の大学」を開講、全国伝統産業承継支援

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP