閉じる
  1. 9月の国内景気は建設需要と駆け込み需要が押し上げ、帝国データバンク
  2. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  3. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  4. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
  5. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
  6. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏…
閉じる
閉じる
  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  2. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  3. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がり…
  4. デジタル化が進むラージフォーマットプリント、ダーストフォーラム2019…
  5. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
  6. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペ…
  7. まちなかの広告媒体をカンタンに注文できるwebサイト「BIZPA」のベ…
  8. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP
  9. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
  10. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
閉じる

看板経営.com

タグ:プロモーション

ミクシィは、1日よりスマホゲーム「モンスターストライク」(以下モンスト)の屋外広告を東京・渋谷に掲出、全100ヵ所以上にフラッグを展開し、周辺をジャックしている。これは、同サービスの提供開始6周年を記念した取り組みで、「モンストよ!俺たちの…

新宿駅構内に設置された、アカツキとKADOKAWAの協業によるスマートフォン用野球ゲームアプリ・八月のシンデレラナイン(ハチナイ)の「巨大サンドアート」が話題を集めている。野球ゲームらしい本物のグランドの土を使った表現は、甲子園の季節に相応…

7月19日に全米公開となったディスニー映画「ライオン・キング」。公開から3日間の興行収入は1億8500万ドルで初登場1位を飾り、公開10日間でアラジンの全世界興行収入に迫り、10億ドル突破も目前という驚異的な人気を博す。ウォルト・デ…

東京メトロ新宿駅のメトロプロムナードに、アニメの世界観をモチーフとしたオリジナルTシャツが敷き詰められたサインボードが登場している。これは、Netflixが展開するSNS連動企画「#あなたの胸に刻まれたアニメ ~2019年サマーコレ…

「週刊少年ジャンプ」の新連載「サムライ8 八丸伝」がスタートすることを記念して、10日から16日までの期間限定で、渋谷エリア全20カ所で100パターン以上に及ぶ漫画ネームを使用した広告が掲出されている。サムライ8は、全世界でシリーズ…

タマディックは2月、JR熊本駅・新八代駅・鹿児島中央駅コンコースの3カ所に、設計の心得とする“十訓”が書かれたサインボードを新たに掲出した。これは、同社が創業60周年を機に掲出したもので、これまでに名古屋駅・静岡駅・浜松駅コンコース…

1月13日より放送される、タッキーこと滝沢秀明主演のWOWOWドラマ「連続ドラマW 孤高のメス」のプロモーション展開として、新宿駅構内に特殊な巨大ポスターが掲出された。巨大ポスターには医療ドラマにちなんだ絆創膏が封入されたピールオフ…

人気アニメ・ドラゴンボール超の主人公・孫悟空や、ベジータなどの最強戦士らが大結集した新宿駅構内の大型ポスターが話題を呼んでいる。ポスターをスマートフォンでフラッッシュ撮影すると、瞬時に悟空らが“変身”する仕掛けに、忙しい師走の往来でも足を止…

キヤノンマーケティングジャパンは12月10日、来年日本で開催されるラグビーワールドカップをイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパークin品川」を開設し、特別装飾や期間限定イベントを展開している。これは、オフィシャルスポンサーの…

DeNAは、12月5日から乗客の利用料金が無料となる「0円(ぜろえん)タクシー」の走行を開始した。31日までの期間限定で、都内で50台を走行させる。これは、DeNAが提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」のサービスが、東…

CHANEL(シャネル)が11月に新発売した、フレグランス「シャネル N°5 」限定レッドボトルの屋外広告キャンペーンを、12月1日から、東京都の渋谷・銀座で実施。真っ赤なボトルのビジュアル広告が街をジャックしている。期間中は、渋谷…

キリンビール横浜工場の最寄駅・京急生麦駅の駅名看板が「キリン生茶」デザインに一新、駅構内も生茶一色に装飾されるなど、注目を集めている。これは、リラックマや北斗の拳とのコラボレーションで今年話題となっている京急創立120周年記念事業の…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Masters Japan 2019
  2. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  3. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がりを予測、LSS
  4. デジタル化が進むラージフォーマットプリント、ダーストフォーラム2019
  5. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
ページ上部へ戻る