閉じる
  1. インク容量が約2倍の新型2モデルを発表。来年1月から販売開始へ、エプソ…
  2. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  3. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
  4. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  5. 広告の効果検証WEBサービス「OOH-ATLAS」を共同開発、ケシオン…
  6. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
閉じる
閉じる
  1. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  2. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  3. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森…
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
  5. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告…
  6. 広告の効果検証WEBサービス「OOH-ATLAS」を共同開発、ケシオン…
  7. インク容量が約2倍の新型2モデルを発表。来年1月から販売開始へ、エプソ…
  8. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  9. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  10. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がり…
閉じる

看板経営.com | 看板・サインの最新情報配信サイト

タグ:プロモーション

ミクシィは、1日よりスマホゲーム「モンスターストライク」(以下モンスト)の屋外広告を東京・渋谷に掲出、全100ヵ所以上にフラッグを展開し、周辺をジャックしている。これは、同サービスの提供開始6周年を記念した取り組みで、「モンストよ!俺たちの…

新宿駅構内に設置された、アカツキとKADOKAWAの協業によるスマートフォン用野球ゲームアプリ・八月のシンデレラナイン(ハチナイ)の「巨大サンドアート」が話題を集めている。野球ゲームらしい本物のグランドの土を使った表現は、甲子園の季節に相応…

7月19日に全米公開となったディスニー映画「ライオン・キング」。公開から3日間の興行収入は1億8500万ドルで初登場1位を飾り、公開10日間でアラジンの全世界興行収入に迫り、10億ドル突破も目前という驚異的な人気を博す。ウォルト・デ…

東京メトロ新宿駅のメトロプロムナードに、アニメの世界観をモチーフとしたオリジナルTシャツが敷き詰められたサインボードが登場している。これは、Netflixが展開するSNS連動企画「#あなたの胸に刻まれたアニメ ~2019年サマーコレ…

「週刊少年ジャンプ」の新連載「サムライ8 八丸伝」がスタートすることを記念して、10日から16日までの期間限定で、渋谷エリア全20カ所で100パターン以上に及ぶ漫画ネームを使用した広告が掲出されている。サムライ8は、全世界でシリーズ…

タマディックは2月、JR熊本駅・新八代駅・鹿児島中央駅コンコースの3カ所に、設計の心得とする“十訓”が書かれたサインボードを新たに掲出した。これは、同社が創業60周年を機に掲出したもので、これまでに名古屋駅・静岡駅・浜松駅コンコース…

1月13日より放送される、タッキーこと滝沢秀明主演のWOWOWドラマ「連続ドラマW 孤高のメス」のプロモーション展開として、新宿駅構内に特殊な巨大ポスターが掲出された。巨大ポスターには医療ドラマにちなんだ絆創膏が封入されたピールオフ…

人気アニメ・ドラゴンボール超の主人公・孫悟空や、ベジータなどの最強戦士らが大結集した新宿駅構内の大型ポスターが話題を呼んでいる。ポスターをスマートフォンでフラッッシュ撮影すると、瞬時に悟空らが“変身”する仕掛けに、忙しい師走の往来でも足を止…

キヤノンマーケティングジャパンは12月10日、来年日本で開催されるラグビーワールドカップをイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパークin品川」を開設し、特別装飾や期間限定イベントを展開している。これは、オフィシャルスポンサーの…

DeNAは、12月5日から乗客の利用料金が無料となる「0円(ぜろえん)タクシー」の走行を開始した。31日までの期間限定で、都内で50台を走行させる。これは、DeNAが提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」のサービスが、東…

CHANEL(シャネル)が11月に新発売した、フレグランス「シャネル N°5 」限定レッドボトルの屋外広告キャンペーンを、12月1日から、東京都の渋谷・銀座で実施。真っ赤なボトルのビジュアル広告が街をジャックしている。期間中は、渋谷…

キリンビール横浜工場の最寄駅・京急生麦駅の駅名看板が「キリン生茶」デザインに一新、駅構内も生茶一色に装飾されるなど、注目を集めている。これは、リラックマや北斗の拳とのコラボレーションで今年話題となっている京急創立120周年記念事業の…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用、キングジム
  2. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  3. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会
  5. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告へ、JOLED
ページ上部へ戻る