SNSで話題になった「はなまる」じゃない店舗看板。日本有数のうどんチェーンが手がけるはなまるな遊び心

讃岐うどんの本場、香川県で創業し、変わらないうどんを安く、おいしく提供するはなまるうどん。2021年8月、那覇空港店の店舗看板が、とあるYoutuberの投稿を機にSNSで注目を集めた。あくまで地方店舗の看板でしかないそれが、なぜ話題になったのか。看板経営では、同社の広報担当、清水さんに同社の広告展開について話を聞いた。

―2021年8月頃、はなまるうどん那覇空港店の看板が、SNSで大きな話題になりましたね。「はなまるうどん」の店名が、那覇をもじった「なはまるうどん」になっていたからだとお聞きしました。看板を変えるというアイデアは、誰から出たのでしょうか。

設計担当の社員から、「せっかく那覇空港に新しくオープンするんだから、『なは』まるうどんにしたい」と提案されたのがきっかけです。ダメもとで社長に提案したところ、思いのほか好感触で「実に面白い!」と快諾をいただき、設置に至りました。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【レポート】木曾福島地区に江戸情緒を取り戻したい。木彫看板で紡ぐ地元デザイナーの心意気

  2. 【IGAS2018 レポート.1】ミマキエンジニアリング、リコージャパン

  3. サイン&ディスプレイショウ2019レポート

  4. 建設業界の約7割が人手不足を実感。相次ぐインバウンド需要への対応で、賃金をアップする企業も増加傾向 …

  5. 日本HPのフラッグシップモデル「HP Latex700/800シリーズ」はなぜ車両ラッピングに最適な…

  6. 「2022年度 新型コロナウイルスの影響について」のアンケート調査結果。約半数の企業で陽性者を確認し…

  7. 昇りは「ポジティブ」、降りは「親しみ」。階段の行き帰りでは、興味を得やすい広告が変わる? 産学連携の…

  8. 東京・渋谷に登場した全長20m越えの巨大な壁画アート。プロデュース事業を展開するWALL SHARE…

  9. 【IGAS2018 レポート.6】NSK、ESKO、SCREEN

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP