味の素AGF 天然木看板を群馬のブレンディの森に新設

味の素AGFは5月末、森づくり活動エリア「ブレンディの森」群馬(前橋市)の拡大を記念して、天然杉材の看板を新設した。

看板サイズはW1800×H1200㎜。素材は擬木や合板ではなく、天然の杉ロータリー加工丸太をサンダーで仕上げした後、防腐剤を加圧注入し、木材保護塗料を塗布。木目を活かしたデザインが同エリアのイメージや景観と調和したものとなっている。施主・企画設計・デザインは味の素AGF、設計・デザイン・施工は群馬県森林組合連合会が行った。

ブレンディの森活動は、味の素AGFの製造拠点水源の源流域の森を整備して緑を育み、AGF商品で使用する清らかな水を育むことを目的としている。イノシシやシカなどによる獣害対策としてネットを張り、笹や雑草などの下草刈りを行うほか、散策用の歩道整備を進めている。

同群馬では、4年前からAGF関東で使用する水源・利根川水系荒砥川の源流域である赤城山南麓の森を整備。昨年9月には活動エリアが当初の2.6haから約3.3倍の8.6haに拡大した。

看板の除幕式には、同社の品田英明社長(写真左から2番目)と前橋市の山本龍市長(同3番目)らが出席した。

>>「ブレンディの森」鈴鹿、「ブレンディの森」群馬の森づくり活動

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 深津絵里さん主演のテレビCM「会うって、特別だったんだ。」を公開。東名阪の主要媒体による屋外広告と連…

  2. インク容量が約2倍の新型2モデルを発表。来年1月から販売開始へ、エプソン販売

  3. Z世代で人気爆発中の漫画「光が死んだ夏」の巨大屋外広告がJR新宿駅に登場。仕掛け印刷による独自演出で…

  4. 補助額最大1億円! 事業再構築補助金の最新情報が得られるWebセミナーを実施、フジテックス

  5. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン

  6. トヨタ 空気をキレイにする看板

  7. 2022年7月版「世界の広告費成長率予測」を発表。2年連続の成長見込みでコロナ禍以前を超える予想、電…

  8. まちなかのフラッグをアップサイクルした製品を提供するブランド「Ligaretta」の販売会を東京・丸…

  9. 屋外広告の効果をリアルタイムで可視化できるクラウドサービスが原宿表参道ビジョンと連携開始、パス・コミ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP