43%が「屋外広告を意識して見る」。オリコミサービスの屋外広告に関する意識動向調査

オリコミサービスは2月1日、屋外広告に関する意識動向調査の結果を発表した。

この調査は、同社が運営する屋外看板専門サイト「屋外看板サーチ」を昨年12月にリニューアルしたことに併せて展開。一都三県の一般消費者543人を対象に、屋外広告に関するアンケートを実施した。

これによると、全体の43%が「屋外広告を意識して見ている」と回答。屋外広告を見て実際にとった行動では、33.7%が「インターネットで調べた」と答えた。また、屋外広告を一言で表すと「気づき」「発見」「流行」といったフレーズが上位に挙がった。

「屋外広告を一言で表すと?」の回答

>>屋外看板サーチ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 産業用ドローンによる測量や点検がわかる実演会を関西地方で初開催、セキドとプロクルー

  2. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本HP

  3. 脱炭素に向けて自社工場で使う電力を「100%再生可能エネルギー」に転換、イーストウエスト

  4. 駅利用者のリアル行動を分析できるAIを活用し、交通広告の可視化を実現。スマホ広告と連動した取り組みも…

  5. シャープ 24時間稼働するパソコンレスの電子看板を発表

  6. IJメディアの人気シリーズ「バンドーグランメッセ」からエア抜け性能を高めた簡易施工タイプが新登場、バ…

  7. エプソン販売 カンタン色合わせ体感イベントを全国で開催

  8. 東京メトロでサイネージとSNS連動

  9. シャッターを活⽤したアートプロジェクトでコロナ禍に苦しむ人々を⽀援、WALL SHAREとEndia…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP