塩ビの販売価格を1kgあたり10円以上の値上げへ。今年3月納入分から実施、信越化学

塩ビ原反製造大手の信越化学工業は1月28日、塩化ビニル樹脂の国内向け販売価格を改定すると発表。1kgあたり10円以上の値上げを2021年3月1日納入分から実施する。

同社によると、原油価格とナフサ価格の値上がりに伴い、塩ビの原料であるエチレン価格も騰勢を強めているという。加えて、設備メンテナンス費用や物流コストの上昇も生まれているため、2018年10月以来の2年5カ月振りに塩ビの販売価格を引き上げることとなった。

今後は他社の追従も予想され、サイン業界の主要資材である塩ビ粘着が値上げされる可能性は否定できない。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. サイン用の多言語バーコード「XPAND」。場所情報コードに対応

  2. 防音・防塵シートを屋外広告の媒体化した新たなマッチングサービス

  3. サイン業界向け低溶剤インク搭載IJPシリーズに新しく4機種をリリース。ハード設計をいちから見直し、よ…

  4. 東京都内の再開発エリアで仮囲いの広告スペースを販売開始、ビズパ

  5. 人流データを用いた独自の調査結果を発表、屋外広告による人の流れを可視化、クロスロケーションズ

  6. 侍ジャパンのWBC優勝を祝して大会ロゴをイメージした照明デザインでライトアップ 東京タワー

  7. 大阪・関西万博をPRする屋外広告が大阪市に登場。イメージキャラクター・ミャクミャクがSDGsの重要性…

  8. 学生がデザインした「ポイ捨て防止 路面シート」を掲出。市内全域への設置も見込む、町田市

  9. JR三宮駅前に神戸最大級の大型ビジョンが誕生! 9月中旬より放映を開始、オーエスとケシオン

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP