ミニチュア看板で昭和時代を再現! 手のひらサイズで光るカプセルトイ「なつかし昭和の看板」が発売 ハック

玩具やアウトドア用品を中心とした製品の企画・製造・販売を手がける総合雑貨メーカーのハックは8月、手のひらサイズで昭和時代のレトロを感じられる「なつかし昭和の看板」を発売する。

同製品は、スイッチをオンにするとライトが光る仕様になっているミニチュア看板。古き良き昭和時代をテーマにデザインされており、ネオン街の懐かしい雰囲気を追体験できる商品となっている。

カプセルトイ方式で販売され、ラインアップは喫茶店、理容店、ラーメン店、スナックの4種類。価格は300円で、取扱店は順次公式サイトで発表されていく予定だ。

昭和時代を象徴する、4つの店舗看板を用意

製品の主な仕様は以下の通り。
商品名/なつかし昭和の看板
特徴/手のひらサイズで昭和レトロを感じられるミニチュア看板。点灯機能あり
ラインアップ/喫茶店・理容室・ラーメン屋・スナックの全4種類
商品ページ/準備中
小売参考価格/300円(税込)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. LSS デジタルプリントによる内装装飾を一堂に会す「中野ショールーム」をオープン

  2. 電子ペーパー技術を応用した電子ポスター型ディスプレイを販売開始。カーボンニュートラルへの貢献をアピー…

  3. 地域と宿泊客をつなぐマップ型デジタルサイネージが熱海の大手ホテルに導入、インセクト・マイクロエージェ…

  4. 無料でタクシーに乗車しながら癒しの時間を体験できる期間限定のプロモーション企画を実施、ニューステクノ…

  5. LEDビジョン専用の3Dコンテンツを販売開始。建物との連携で多彩な表現が可能に、カムビアス

  6. 災害時の緊急避難場所を示す巨大な壁面アートが登場、東京都渋谷区

  7. 昭和40年代に運行していたバスの塗装をカーラッピングで再現。地元住民に愛されるバスに、キョウエイアド…

  8. 企業のデジタル化を後押しするサイン業界向け情報発信サイトがオープン、ローランド ディー.ジー.

  9. 渋谷区内のデジタルサイネージを活用しクリエイターの活躍の場を支援する共同事業を開始、東急エージェンシ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP