キヤノン Corolado 1640でショールームを特別装飾。ラグビーワールドカップに向けて

キヤノンマーケティングジャパンは12月10日、来年日本で開催されるラグビーワールドカップをイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパークin品川」を開設し、特別装飾や期間限定イベントを展開している。

これは、オフィシャルスポンサーのキヤノンが日本大会の開催に向けて、東京・品川のショールーム「キヤノンプラザS」に特別装飾などを施し、会期前から盛り上がりを演出すべく実施しているもの。

会場内の特別装飾は、同社開発によるUVジェルインク搭載の大判インクジェットプリンター「Corolado 1640」で出力している。同機は、熱によるインク乾燥を不要としたUVジェルインクの採用が最大の魅力。熱による変形を防止するとともに、熱に弱い素材にも出力可能とした。その出力速度は、毎時159㎡を誇る。

会場には、実物の約5倍に当たるH1.4×W1mの巨大ラグビーボール、大会の公式マスコット・レンジーも登場。SNS映えする写真撮影スポットとして話題となっている。その場で撮影・印刷して持ち帰ることのできる無料サービスも提供している。

このほか、キヤノンマーケティングジャパンの本社と幕張事業所を結ぶシャトルバスにもラグビーワールドカップのラッピングを掲出。こちらも、UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」で出力したフィルムによって車両装飾を施している。

なお、キヤノンプラザSは、カメラやプリンターをはじめとする最新パーソナル製品を展示するショールーム。無料のワークショップやイベントを随時開催し、同社製品のさまざまな活用法を提案している。

開催場所:東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー2階
開館時間:月曜日〜土曜日/10時~17時30分(日・祝日、同社休業日除く)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 2022年の総広告費は過去最高の7兆1,021億円に到達。屋外広告は2,824億円と前年比103.1…

  2. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告へ、JOLED

  3. コロナ禍で頑張る受験生のリアルな声を全面に描いた屋外広告を渋谷で実施、明治

  4. 兵庫県 新宿駅で体験型ポスター掲出。鼻の穴で兵庫の匂いを体験

  5. ヒット 大阪新御堂線沿いロードサイドに165㎡の大型LEDボードを新設

  6. 神戸玄関口の看板に、市主催のコンペ最優秀作を採用

  7. ファブリックサイン「LUFAS」が現在美術展のアート作品として採用。昇華転写だからこそできる独自な表…

  8. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Masters Japan 201…

  9. 個人の応援広告をサポートするサービスを提供開始。誰でも渋谷区内の大型ビジョンに広告を掲出できる時代へ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP