個人の応援広告をサポートするサービスを提供開始。誰でも渋谷区内の大型ビジョンに広告を掲出できる時代へ、東急エージェンシーとREADYFOR

東急エージェンシーは10月4日、国内最大級のクラウドファンディング事業を展開するREADYFORと連携し、東京・渋谷で個人が応援広告を掲出できるサービス「FUN FLAG」を展開していくと発表した。

>>>サービスの詳細はこちら

「FUN FLAG」とは、一般消費者が広告主となる応援広告の掲出を、企業が支援するサービス。アイドルやアニメキャラクターなど、いわゆる自身の推しキャラを応援する目的で、渋谷区内の大型ビジョンにメッセージを掲出できるのが特徴だ。同サービスでは、個人で広告出稿する際に懸念となる、資金面、権利面、広告制作の手間などを一貫してサポート。生活に潤いを与える“推し活”を全面的に後押しする。

資金面の調達には、クラウドファンディングを活用。過去2万件以上、総流通額270億円以上という豊富な実績を持つREADYFORが手がける。

また、タレント事務所など、権利者への使用許諾や画像・ロゴ手配に関しても、専門の担当スタッフを配置。権利者公認で応援広告プロジェクトが実施可能となっている。

東急エージェンシーは今後も、応援広告の認知拡大・普及に注力。渋谷以外にも、全国各地の主要OOHで展開できるよう、調整を続けていくという。

渋谷区道玄坂1丁目にある複合施設「渋⾕フクラス」のビジョンなど、一等地のデジタルサイネージを活用できる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 屋外広告の接触者を自動探知してDM配信するダイレクトマーケティングのパッケージを提供開始、CCCマー…

  2. 夜を彩るネオンとサインを展示した写真展を開催、横浜市

  3. ブラザー工業がサイン・ディスプレイ市場に参入へ。ラテックスインク搭載の大判プリンターを発表

  4. 電通 「2018年日本の広告費」を発表。前年比102.2%と7年連続でプラス成長

  5. 「ホワイティうめだ」に日本最大規模となるデジタルサイネージ204面を設置、大阪地下街

  6. 首都高速道路沿いに新たな大型広告ビジョンを3面新設、ヒット

  7. 第4世代のHPLatexインクを搭載した3.2m幅スーパーワイド機を発売へ。出力サービスの自動化を後…

  8. デジタルサイネージを活用したNFT販売の実証実験を実施、丹青社と三井不動産

  9. XPANDコードが公共交通サービスのサイネージに初採用

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP