本物の木材を使用した中吊り広告がJR中央線に登場! 木材需要の拡大に向けてPR 東京木材問屋協同組合

木材の魅力を発信する活動を掲げている東京木材問屋協同組合は12月12日、JR中央線の車両に本物の木材でつくった中吊り広告ポスターを展開する。掲出期間は同18日(日)までで、同車両内にて動画広告も同時に放映していく。

この木製中吊り広告のデザインは、千葉大学の名誉教授であり、森林浴や森林医学、森林セラピーなどで著名の宮崎良文氏が監修。「木力(もくりょく)」をメーンキーワードに3種類を用意し、「リラックス効果」「病気予防効果」「耐久性・加工性」など、木の持つさまざまな魅力をアピールする。

さらに、電車内の動画コンテンツ配信用のデジタルサイネージ「トレインチャンネル」では、木材にまつわるPR動画を放映。同組合の歴史を紹介する「歴史・木材会館編」、普段の活動内容を伝える「木材の豊かさを届ける編」、木材についてのマメ知識をクイズ形式で学ぶ「Q&A動画」の3本を公開していく予定だ。

本物の木材による中吊り広告を3種類用意し、電車利用者に木の良さを伝えた

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. パロマ 東京メトロ100箇所の広告看板に、一般応募100枚の写真掲出

  2. 日本初となる屋外広告枠の販売にNFTを活用した実証実験、LIVE BOARD

  3. 九州サイン&デザイン ディスプレイショウ 6月1〜2日に開催

  4. メトロ アド 3ミニッツと実証実験。電子看板で店舗の在庫情報をリアルタイム配信

  5. 日本初のフィジカルNFTギャラリー「NOX」を8月にオープン、エフ工芸

  6. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」見込む

  7. 床面の案内サインに最適な照射型ライトをリリース。プラスチック使用量や貼り替えの手間を削減 カムビアス…

  8. 19年世界総広告費の予測は6250億米ドル。屋外/交通媒体の成長率も上方修正

  9. 使用済みの屋外広告をアップサイクル! 売り上げは全てサッカーチームに寄付し、少年たちの未来を応援 パ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP