国内初のタクシー車窓サイネージサービス「Canvas」がデジタルサイネージアワード2021で優秀賞を受賞。併せて12月までの広告枠を募集開始、ニューステクノロジー

タクシー関連のクリエイティブ事業を手がけるニューステクノロジーと、ソニーグループの子会社としてタクシー事業者向けのソフトウエア開発を行うS.RIDEは7月16日、国内初の車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」が、一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムの主催する「デジタルサイネージアワード2021」で優秀賞を受賞したと発表した。

「Canvas」は、「東京に新たなギャラリーを」というコンセプトのもと、都内を走行する空車タクシーの後方サイドガラスに広告を映し出す車窓サイネージサービス。サイドガラスにはガラス製の透明スクリーンを搭載し、映像の投影時はクリアな広告を映し出す反面、通常時は透過性の高いガラス面を実現する。

ニューステクノロジーは、5月31日よりJPN TAXI 100台で同サービスの運用を開始。その後段階的に対象車両を増加し、いずれはS.RIDEの株主タクシー会社が保有するJPN TAXI全てに搭載していく予定だという。

一方でデジタルサイネージアワードは、デジタル市場のさらなる活性化を目的に、近年話題となったデジタルサイネージの事例を公募し、優秀な作品を選出・表彰するイベント。Canvasを選定した審査会は、「これまで多くの企業がチャレンジしてきたタクシー車窓のメディア化を日本で初めて実現したこと、またデジタルサイネージと車の連携におけるビジネスの将来性や可能性を評価した結果、受賞に至った」とコメントした。

ニューステクノロジーとS.RIDEは、今後もタクシーを起点に人々の「移動」に伴う体験価値の向上と豊かな社会につながるモビリティサービスを追求。併せて、各種媒体・広告主からの参画も歓迎する。7月8日からは、Canvasの広告枠申し込み受付を開始。2021年10月~12月分の広告枠を対象に、多くの広告主を募っていく。

>>媒体資料のダウンロードはこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 福岡・中州にエリア最大級のLEDビジョンが登場。放映回数が2倍になるお得な期間限定キャンペーンを開始…

  2. 昭和時代の駅前の象徴「伝言板」が復活! 多種多様な手書きメッセージを届けるポスターが全国47都道府県…

  3. 防火認定適用の表面保護を超高速で提供する後加工専用IJP「プリンテリアクリア」を発売、リンテックサイ…

  4. 郵便局の店頭に屋外広告を掲出できる新プランが登場! 全国各地への一斉展開や地域を絞った展開も可能に …

  5. 展覧会風の交通広告

  6. 宇都宮市 大谷地区の規制強化。屋上広告は禁止、写真表示も不可

  7. 内照式看板向けに特化させた直管型LED「VLT2」をリリース。ランプの重なりを不要に、ニッケンハード…

  8. 現代人の心をふるわすメッセージ広告で国内ジャック、ライオン・キング

  9. 羽田空港でデジタルOOH広告を展開、AnyMind Group

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP