新宿駅東西自由通路の大型デジタルサイネージが放映開始。音と光を組み合わせた多彩な空間演出が可能に

JR東日本は5月10日、新宿駅東西自由通路に設置されたデジタルサイネージ「新宿ウォール456」の稼働開始を発表した。初回の広告放映として、パナソニックの販売する空気清浄機「ナノイーX」を訴求するという。

同ビジョンは、空間演出型媒体とするのを目的として昨年12月に設置された大型サイネージ。加えて25面に及ぶ柱面サイネージ「J・ADビジョン新宿駅東西自由通路」や、天井面への間接照明、16カ所の音響装置を組み合わせた演出により、空間全体で一体感のある表現が可能だ。サイズは、国内最長となるW45.6×H1.7m。環境演出には、カナダ・モントリオールに本社を構え、世界各国で400以上のプロジェクトを展開する、Moment Factory社を起用する。

今後も「新宿カラーバス(色彩に包まれる)」を空間のコンセプトにし、光や音、映像を連動させたさまざまな情報発信を行っていくというJR東日本。通常の広告はもちろん、各種イベントや地域観光名所のニュース、災害情報、新宿をモチーフにしたアートなどを発信していく予定だ。

媒体の詳細は以下の通り。

■新宿ウォール456
サイズ:W45.6×H1.7m
仕様:COB(Chip On Board)タイプ LED ディスプレイ(ドットピッチ:1.58㎜)
特徴:①衝撃に強く傷つきにくい ②高精細 ③高い安定性 ④メンテナンスが容易
放映形式:広告枠3分ロール放映、30分に1回環境演出放映
音声:出力可能(同空間に新設する「J・AD ビジョン新宿駅東西自由通路」と同時購入の場合のみ)

■J・AD ビジョン新宿駅東西自由通路
サイズ:70インチ
面数:25面
仕様:フルハイビジョン規格液晶モニター
特徴:時間別、曜日別、面別にコンテンツの変更が可能
放映形式:広告枠3分ロール放映、30分に1回環境演出放映

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 新発売のIJP3種と業務効率化を助けるクラウドサービスを発表、エプソン販売

  2. 2010年代前半の洋楽が視聴できる! 東急田園都市線・渋谷駅に“懐メロ”を楽しめる体験型OOHが登場…

  3. クラウドポイントとシャープが業務提携、屋外DS市場の更なる拡販へ

  4. 低溶剤プリンター、純正測色器、クラウドサービスのセットを大特価で導入できるキャンペーンを期間限定で実…

  5. ワールドワイドで人気の高いIntec社のデジタルダイカッターを7月にリリース。販売代理店としてカッテ…

  6. サムスン電子製品の展示会「NGC WorId 2023 in AOYAMA」を東京・青山で開催。最新…

  7. 地元飲食店へサインで貢献 「Take Out」デザインを無償提供、ジャスティ

  8. 「ポケコロ」の個性豊かなアバターが並ぶ巨大デジタル広告をJR新宿駅構内で展開、ココネ

  9. 大阪・梅田の3Dビジョンに江戸川コナンが登場! 飛び出す演出で最新映画とコミックスをPR パス・コミ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP