景観を損ねずに5G回線に対応できる、デザイン性に優れたフィルム型アンテナを開発。2025年に本格リリースへ、大日本印刷

大日本印刷は4月14日、5G回線に対応し、直径150㎜の細い円柱にも巻き付けられる、フィルム型のアンテナを開発したと発表した。

同製品は、高い屈曲性を有しているため、曲面に設置できるのが最大の特徴。木目調などの意匠性を付与すれば、景観を損ねないまま、あらゆる空間でアンテナとしての役割を果たす。また、耐候性にも優れているため、街灯や信号機、電柱といった屋外にも使用できる。

3月には、電気通信事業者のオプテージとの実証実験を実施し、5G回線での通信に成功。今後は各種通信関連会社と連携し合い、2023年度の量産化に向けて機能検証を進めていくという。

5G回線は高速大容量通信を可能とする一方で、通信距離の短さが課題となっている。これから先さらに需要を伸ばしていくためには、受信エリアをカバーできる基地局とアンテナを多数設置する必要があるなか、例えば街灯や電柱、建物の内部や外壁など、景観を損なわないままに設置できるアンテナの需要も高まっている。

これらの課題に対して大日本印刷は、デザイン性に優れた今回のアンテナを開発。独自設計による給電線の仕組みによって、円柱にも巻き付けられるように工夫を凝らした。

なお、本格的なリリースは2025年を目安とし、売上10億円を目指していくそうだ。

>>>詳細はこちら

壁面に貼り付けるだけで5G回線に対応。フィルム状のアンテナなので、景観を損なう恐れがない

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 電通 国内初の24時間365日体制による電子看板での防災情報配信

  2. 外照式サイン向けのLED照明「パワーポラックス3」をリリース。最大H7,000㎜の照射を達成、三和サ…

  3. 6カテゴリ全55セッションに及ぶ多彩なWebセミナーで新ビジネスの可能性を模索、エプソン販売

  4. 天王洲地区が東京で初のプロジェクションマッピング活用地区に指定

  5. KNOCK OUT 交通広告でアピール

  6. Gallaxy 渋谷史上初の広告展開

  7. 大丸とコナミが異色のコラボ、デパートを「桃太郎電鉄」一色に染め上げる大規模な装飾イベントを実施

  8. 香港にテニスコート5面分の電子看板

  9. NKB 初の台湾子会社を新設。新幹線の広告媒体などを主力に販売

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP