閉じる
  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、…
閉じる
閉じる
  1. オンライン展示会「第2回 Mimaki Live for Sign G…
  2. 7月16日、22日、30日にオンラインセミナーを開催、日本HP
  3. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  4. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  5. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  6. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本…
  7. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、…
  8. 【連載/話題のスポット行ってみた vol.1 】南町田グランベリーパー…
  9. YouTubeLiveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から開…
  10. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展…
閉じる

看板経営.com

新型コロナ対策として中小企業に200万円を申請から2週間で給付、経済産業省

経済産業省は4月13日、新型コロナウイルス感染症拡大により、大きな影響を受けている中小企業・個人事業主に対して支給する「持続化給付金」の概要を発表した。

給付額は法人200万円、個人事業者100万円。ただし、昨年1年間の売上からの減少額を上限とする。減少額の計算方法は「前年の総売上 ー(50%減月の売上×12カ月)」で、昨年創業した者への対応も検討していく。

支給対象は、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。資本金10億円以上の大企業を除き、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者まで広く対象としている。

申請受付は2020年度補正予算案の成立後、1週間程度で開始。申請から約2週間で給付することを想定している。

詳細については、4月27日週をめどに確定・公表する予定。

出典:経済産業省

関連記事

  1. Hmcommと博報堂DY 音声AI技術で屋外メディアの効果測定へ…

  2. 宇都宮市 大谷地区の規制強化。屋上広告は禁止、写真表示も不可

  3. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ

  4. VR技術による屋外・交通広告の評価システムを提供開始、360Ch…

  5. リコー ドイツの産業印刷向けソフトウエア会社を11月中に買収へ

  6. 味の素AGF 天然木看板を群馬のブレンディの森に新設

おすすめ記事

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、ミマキ

facebook

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. オンライン展示会「第2回 Mimaki Live for Sign Graphics」を7月13日に開催、ミマキ
  2. 7月16日、22日、30日にオンラインセミナーを開催、日本HP
  3. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  4. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  5. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
ページ上部へ戻る