購入から5年が経ったSC-S80650を再整備するサービスを開始。併せて、再整備したプリンターをお得に導入できるキャンペーンも実施へ エプソン販売

エプソン販売は2月1日、エコソルベントインク搭載プリンター「SC-S80650」を使用しているユーザーに向けて、既存マシンをメンテナンスした上でさらに長期間にわたって使えるようにする「再整備プログラム」のサービスを開始すると発表した。併せて、それら再整備したプリンターを特別価格で購入できるキャンペーンも、2023 年春頃から開始していく予定だ。

再整備プログラムは、「SC-S80650」の保守期間が満了となる、導入から5年を経過したユーザーを対象にしたサービス。同社がプリンターの状態を確認し、必要な部品の交換およびメンテナンスを行った上で、さらに最長5年にわたって継続的に使えるように調整してくれるという。

さらに春からは、再整備した同機を通常よりも低価格で購入できる「リファービッシュ品の販売」を開始する。リファービッシュとは、本来は中古品として回収された製品を、再び使えるように再調整するという意味を持つ。再整備を行ったプリンター本体には、それを示す「環境貢献ステッカー」が貼付される。

これらの取り組みを通して同社は、商品の製造に伴うCO2排出量の削減と地下資源消費の抑制に貢献。持続可能な社会の実現を目指していくとしている。

>>>サービスの詳細はこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. デジタルスクリーン製版機での加工・多色印刷を学べるオンラインセミナーを開催、理想科学工業

  2. UV硬化型インクの世界市場。2022年に136.8%成長へ

  3. NewDays電子看板が243駅650台の大規模ネットワーク化

  4. スポーツくじ「100円BIG」と「進撃の巨人」がコラボ。作品内のシーンを使ったシュールな会話劇で宝く…

  5. 東急電鉄 世界最大の新世代型LEDビジョンを渋谷駅構内に設置へ

  6. 日本進出50周年を記念した大規模な屋外広告展開を実施。東京・大阪の主要駅をジャック メットライフ生命…

  7. リサイクルボックスの正しい使い方を啓蒙する写真展を開催。“ありえない”ごみの写真が集結 日本コカ・コ…

  8. 「応援広告」の認知度、活用度を調査するWebアンケートを実施。推し活の推定市場規模は、「屋外広告・交…

  9. 新宿駅東西自由通路の大型デジタルサイネージが放映開始。音と光を組み合わせた多彩な空間演出が可能に

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP