学生がデザインした「ポイ捨て防止 路面シート」を掲出。市内全域への設置も見込む、町田市

町田市は6月9日、桜美林大学の学生たちがデザインした「ポイ捨て防止 路面シート」を南町田グランベリーパーク周辺に設置。当日は、地元紙をはじめとした報道関係者が集まり、市の担当者や学生たちに話を聞くなどにぎわいを見せた。

これまで設置場所付近には、植え込みなどに小さな注意書きを添えていたものの、あまり目立たずポイ捨ての防止につながらなかった。そこで町田市は今回、よりアイキャッチ効果に期待できる路面シートを新しく採用。地元の桜美林大学 芸術文化学群 田中敬一研究室にデザインを依頼し、学生たちの考案したデザインのなかから3種類を選定した。路面シートの掲出枚数は約20枚で、アルミ基材の床面メディアに溶剤IJPで出力した。製作は第一標識。

当日は地元の自治会や学生たちが、市の職員とともに設置にあたった

デザインが採用された実石亜依さん(アイキャッチ画像の中央)は、「市からキャラクターを使ってほしいというリクエストを受け、近隣にリス園があるのでリスをモチーフにしようと考えました。歩行者がどちらから見ても分かりやすく、世代や文化を越えて幅広い人に伝わるデザインを意識してつくり込んでいます」と語った。

町田市では、今後も学生たちと協力し、ポイ捨てごみの削減に向けて活動を続けていく予定だ。市の担当者は、「条例に伴う美化推進重点区域や道路等喫煙禁止区域以外で路面シートを設置するのは初めての試み。今後は、地域の町内会や自治会に聞き取りしながらごみの減少を検証し、市内全域に路面シートの掲出を進めていく」としている。

地元自治会と学生たち。採用された3パターンのデザインを設置した

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 【2020年 日本の広告費】屋外広告は前年比15.7%減の2,715億円で推移。ネット広告はマス4媒…

  2. Hmcommと博報堂DY 音声AI技術で屋外メディアの効果測定へ

  3. 新宿駅に野球グランドの土を使った巨大サンドアートを掲出、八月のシンデレラナイン

  4. LINE公式アカウントからデジタルサイネージへの配信が可能に。コンテンツ配信システム「FLOW」に新…

  5. 広告業者は4年連続で倒産件数増の可能性。小規模事業者の年末倒産も懸念、帝国データバンク

  6. 豊島区 路上看板の対策条例

  7. コンビニでさまざまな映像コンテンツを楽しめる時代へ。全国3,000店舗にデジタルサイネージを導入完了…

  8. 三弘社 空き電柱広告エリアを紹介するwebサイトを開設。周辺のランドマークも紹介

  9. 東京メトロでサイネージとSNS連動

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP