虎ノ門ヒルズ駅周辺で路上変圧器による実証実験を開始、QUICK

 日本経済新聞社と、同社グループの金融情報サービス会社であるQUICKは1月16日、東京都港区が虎ノ門地区で行う「路上変圧器を利用した情報発信実証実験」において、金融関連や天気、交通などの情報提供を開始したと発表した。

 路上変圧器とは、防災・安全・景観の観点から全国各地で進む無電柱化にともない、路上に設置された変圧器などの機器類を納めたボックスを言う。この壁面をデジタルサイネージ化し、観光情報や周辺のニュースを提供する取り組みは各地で行われており、今回の実証実験もそのひとつとなる。

 QUICKは、世界の証券・金融情報をはじめ、政治・経済情報をリアルタイムで配信するなど、証券・金融市場の総合的なソリューションを長年にわたって提供し続けてきた。そのサイネージ活用技術やノウハウを生かし、今回の情報提供につながったのだそうだ。

 本実証実験は、東京電力パワーグリッドと東電タウンプランニング、パナソニック、パナソニック システムソリューションズ ジャパンが港区と共同で実施。商業広告を組み込み、そこから整備・維持管理費を算出し、サイネージの実用化を検証する。

 設置場所は、今年6月に開業する東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」の地上出入口付近で、交通結節機能の強化が期待されるエリア。金融関連や区政のニュースを流すとともに、観光・地域情報、商業広告の配信を行う。このほか、非常時は日本語・英語・中国語・ハングルの4言語での緊急情報を即時配信し、地域住民のみならず、今後も増加が見込まれる訪日外国人・来街者に対するPRも欠かさない。路上変圧器にはUSBの充電ポートが2口ついており、災害時の電子機器の利用やスマートフォンの充電に使える。

 2018年度にもJR田町駅東口にて同様の実証実験が実施されたが、今回はその結果を踏まえ、新たに活用方法の検証が行われる。また、センサーによる視聴分析も実施される予定だ。

実証実験の詳細概要は以下の通り。

  • 期間/2020年1月16日から11月(予定)
  • 地域/虎ノ門1丁目から3丁目の歩道上(東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」周辺
  • 放映時間/午前4時30分~翌午前1時
  • 放映コンテンツ/区政・地域情報、金融マーケット情報、天気・交通情報、商業広告など(緊急時には日本語・英語・中国語・ハングルの4言語でテロップ配信)
Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

  1. TOKYO AUTO SALON 2021 バーチャルオートサロン

    1月 15日 - 11月 30日
  2. DOMOTEXDIGITALDAYS

    5月 19日 - 5月 21日
  3. LED JAPAN 2021

    5月 26日 10:00 AM - 5月 28日 5:00 PM
  4. 九州印刷情報産業展

    6月 4日 10:30 AM - 6月 5日 10:30 PM
  5. 広州国際照明展2021

    6月 9日 - 6月 12日

アーカイブ

ページ上部へ戻る