JR貨物 看板と表札を統一意匠に

JR貨物では、認知度の向上とブランドイメージ強化を目的に、一貫性のあるビジュアル構築に向けた取組みを進めている。

この最初の取組みとして11月、大井機関区と大牟田オフレールステーションの看板と表札等の設置が完了した。
同社では、看板や表札が既存のものでは統一感に欠けるとし、発足30周年事業のひとつとして新たな統一デザインを定め、今年度から更新工事に着手するとしている。

>>ニュースリリース

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 東京・渋谷に秋の新ドラマをPRする巨大交通広告が出現

  2. 屋外広告を意識して見るが半数

  3. イタリア・FLEXA社の最新コールドラミネーターが日本に上市。ユーザー目線の新機能満載で現場の生産性…

  4. シャネル 東京で世界初となるオリジナルゲームセンターを展開

  5. 行きは応援!帰りは労い!大学入学共通テストに合わせて受験応援広告を展開、明治

  6. 新しい交通広告手法を表彰する公募型広告賞の作品募集。受賞作は東京メトロ銀座線1編成をジャック、メトロ…

  7. 脱炭素に向けて自社工場で使う電力を「100%再生可能エネルギー」に転換、イーストウエスト

  8. 日本初上陸となるイタリア製ラミネーターを販売開始、LSS

  9. 2022年の総広告費は過去最高の7兆1,021億円に到達。屋外広告は2,824億円と前年比103.1…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP