JR貨物 看板と表札を統一意匠に

JR貨物では、認知度の向上とブランドイメージ強化を目的に、一貫性のあるビジュアル構築に向けた取組みを進めている。

この最初の取組みとして11月、大井機関区と大牟田オフレールステーションの看板と表札等の設置が完了した。
同社では、看板や表札が既存のものでは統一感に欠けるとし、発足30周年事業のひとつとして新たな統一デザインを定め、今年度から更新工事に着手するとしている。

>>ニュースリリース

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用、キングジム

  2. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン

  3. 静岡県 伊豆の屋外広告物を禁止へ

  4. 広告効果をAIで可視化できる独自の車両広告サービスを開始。法人・一般ドライバー問わず契約者を募集、E…

  5. 少年ジャンプの新連載 “秘蔵のネーム”131種類を使用した広告が渋谷に登場

  6. 宇都宮市 大谷地区の規制強化。屋上広告は禁止、写真表示も不可

  7. 日本初のフィジカルNFTギャラリー「NOX」を8月にオープン、エフ工芸

  8. 使用済みの屋外広告がファン向けのグッズに変身! サッカーチームとのコラボで広告のアップサイクルを実現…

  9. 石垣島 恋する灯台にハート看板

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP