東芝 NYの看板撤去へ

経営再建中の東芝は、2007年から10年以上掲げてきた米国・ニューヨークのワンタイムズスクエアビル屋上にある「東芝ビジョン」を来年にも取りやめることがわかった。

アメリカを代表する観光地として知られるNYの繁華街、タイムズスクエア。その地上約120mに設置されたLED2面看板「東芝ビジョン」は、10億人以上がテレビ視聴する年末恒例のカウントダウンイベント “ボールドロップ” の主役でもあった。

同じく、経営再建へ向けた合理化の一環として、50年近く続けてきた人気テレビアニメ「サザエさん」のスポンサーも来年3月に降板することが決まっている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 被災地の事業者と支援者を迅速にマッチングする新サービスを開始、助太刀

  2. 渋谷宮益坂に90㎡超の大型LEDビジョンが新設。12月1日から運用

  3. 景観を損ねずに5G回線に対応できる、デザイン性に優れたフィルム型アンテナを開発。2025年に本格リリ…

  4. ブラザー工業 本社ビル屋上の看板をリニューアル。4代目はLED内照式のチャンネル文字

  5. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ

  6. ノベルティなどの小ロット製作をサポートする卓上型のUV機とガーメント機を発売。併せて同社初の自動測色…

  7. 九都県市首脳会議で、過激な広告宣伝車を1都3県にわたってデザイン規制する制度を提案。実現に向けて一歩…

  8. 2社の連携により、エレベーターサイネージと電車内サイネージを組み合わせた新広告プランが登場 大日本印…

  9. エプソン初となる純正測色器を発売。どこでも誰でも瞬間的に色の数値化が可能に、エプソン販売

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP