大阪・梅田に100㎡を超える大型3Dビジョンが誕生。2023年1月中旬から裸眼3Dコンテンツを配信開始 パス・コミュニケーションズ

屋外ビジョンの媒体社であるパス・コミュニケーションズは12月21日、大阪・梅田に100㎡を超えるカーブ型の大型ビジョン「梅田BS3Dビジョン」を新設。世界的に流行となっているカーブ型大型ビジョンによる、3Dコンテンツの広告放映を2023年1月中旬から開始する。

近年、梅田ではJR大阪駅周辺の再開発に伴い、新しいランドマークやショッピングエリア、グルメの名所などが続々と生まれ、世界屈指の繁華街を形成。また、超高層ビルが並ぶ西日本最大のオフィス街でもあるため、商業都市としてだけでなくビジネスの中心地としても活気に満ち、曜日を問わずに賑わいを見せるエリアだ。今回新設された「梅田BS3Dビジョン」は、JR大阪駅と阪急梅田駅をつなぐ、ペデストリアンデッキから視認できる絶好のロケーションを強みとする。

約104㎡でエリア最大級となるビッグサイズの梅田BS3Dビジョンは、裸眼でも3Dに見えるカーブ型のLEDビジョンで、屋外大型ビジョンのインパクトをさらに際立たせ、より効果的な視聴者へのアプローチを実現する。同社では「関西の方々にも、ぜひこの3Dによる“驚き”を体験していただき、屋外メディアをより身近に感じてもらえればと思います。また、3D映像のインパクトだけでなく、Jアラートなど“防災・減災”のコンテンツ・システムを導入することで、市民の安全・安心に寄与するメディアとなるよう追求していきます」とコメントする。

コンテンツの制作については、同社ではポストプロダクションの機能を保有しているのはもちろん、さまざまな外部クリエイターとも連携しているため、「より3Dに見えるインパクトある広告表現」をワンストップで提供可能だとしている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「お~いお茶」と大谷選手がコラボ!国内82カ所、国外6カ所を埋め尽くす大型ジャック広告を展開 伊藤園…

  2. JR新宿駅前の大型ビジョンと都内のタクシーにしんちゃんが登場! 映画最新作を多方面からPR  ADK…

  3. 東京都内の再開発エリアで仮囲いの広告スペースを販売開始、ビズパ

  4. 番外編 日本唯一のレゴ認定プロビルダーによる新作3点とは

  5. EVの充電と動画コンテンツの配信を同時に行えるデジタルサイネージが登場。EV普及に向けて先行受注を開…

  6. XPANDコードが公共交通サービスのサイネージに初採用

  7. 練馬区初の屋外LEDビジョンが登場。地元の情報を発信する地域密着型メディアとして期待高まる、P&G商…

  8. 京浜急行 トリックアートで立体的に見える「錯視サイン」を掲出

  9. 5面同時に映像投影可能なキューブ型LEDビジョンの販売を開始、BLUE LED

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP