impactTV 小型デジタルサイネージの下取り・買い替えキャンペーンを開始

impactTVは5月7日、「デジタルサイネージ下取り・買い替えキャンペーン」を開始した。

これは、同社または他社の2~20インチの販促用サイネージ、モニター、デジタルフォトフレームが下取りの対象。メーカーに制限はなく、使わなくなった小型デジタルサイネージの産業廃棄物処分を無償で行える。

買い替えはimpactTVの最新製品が最大500円引きとなるほか、店頭設置の代行料金も通常5,000円/1カ所が、特別価格3,000円/1カ所に割引かれる。

キャンペーンの期間対象は8月31日までの発注分。

※写真は昨年12月に発売された店頭販促用サイネージ「7VIN impactTV」

>>impactTVホームページ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 日本交通のデジタルサイネージ端末、他社タクシーにも提供開始へ

  2. 昭和時代の駅前の象徴「伝言板」が復活! 多種多様な手書きメッセージを届けるポスターが全国47都道府県…

  3. エプソン販売 東京・丸の内にユーザー体験型のショールームをオープン

  4. 今までにない多彩な光のデザインを実現する、マイクロLED搭載の次世代照明器具を発表 パナソニックエレ…

  5. 高精細スキャナーをショールームに設置。IJPと組み合わせたサービスを開始、リンテックサインシステムと…

  6. 大手町、丸の内、有楽町エリアに「まちの一部を切り取った」266枚のアートフラッグを掲出、大丸有エリア…

  7. 東急電鉄 渋谷を丸ごと屋外広告の媒体化。来春の本格運用へ

  8. 美術作品×健康飲料のコラボによって効能をユーモラスに表現。JR東日本の車両内ポスター広告で「アラプラ…

  9. 透明・不透明を切り替えられる調光フィルムが駅内コンビニで採用、凸版印刷

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP