閉じる
  1. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
  2. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  3. 広告の効果検証WEBサービス「OOH-ATLAS」を共同開発、ケシオン…
  4. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  5. インク容量が約2倍の新型2モデルを発表。来年1月から販売開始へ、エプソ…
  6. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
閉じる
閉じる
  1. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  2. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  3. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森…
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
  5. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告…
  6. 広告の効果検証WEBサービス「OOH-ATLAS」を共同開発、ケシオン…
  7. インク容量が約2倍の新型2モデルを発表。来年1月から販売開始へ、エプソ…
  8. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  9. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  10. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がり…
閉じる

看板経営.com | 看板・サインの最新情報配信サイト

アーカイブ:2018年 9月

奈良市は9月28日、県内初となる公共電柱の広告スペースに、避難場所などの防災情報を表示する啓発事業を開始すると発表した。この事業は、県内の自治体としては初めて奈良県下電柱協議会と「公共電柱広告(防災情報等表示付き)に関する協定」を9…

今週は、渋谷センター街ボード周辺、渋谷Jボードとハチコーボード、Q’s Wall、Q2ポイント、西村ボードと第一勧銀共同ビル、渋谷ハチ公南館ビッグシートとクライアントが大きく変動した。西村ボードと第一勧銀共同ビルにはPlayStation …

大阪市建設局は9月、新たな財源確保を目的として、自転車駐車場の屋外壁面を活かした広告事業を開始すると発表した。広告の設置場所は、京橋駅自転車駐車場・4階北側壁面のH1800×W4600㎜。JR環状線京橋駅と京阪本線京橋駅の間に位置し…

エムシードゥコーは9月、東京都内の「広告付きバス停上屋」に関し、小田急バスと20年契約を締結。これにより、同社は都内のおける公営・民間12社の主要なバス事業者すべてと独占契約を結ぶことになった。同社は、世界一位の屋外広告会社であるフ…

メディアフラッグは9月14日、全国の交通広告媒体を対象に、目視・撮影による広告の掲出確認サービスを開始すると発表した。同社では、流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開。登録スタッフ(メディアクルー)による店舗巡回業務や…

2018年後半も半ばに差し掛かり、今年も残すところ4ヶ月を切ったわけだが、義務教育時代のスケジュール感覚が身に染みているのか体感的にはようやく今年の折り返しである。余談はさておき、記録的な猛暑が続いた平成最後の夏も終わり、まち歩きに…

パナソニックと東電タウンプランニングは9月13日、LPWA無線通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の実証実験をスタートした。LPWAとはLow Power Wide Areaの略称で、消費電力を抑えつつ遠距離通信が可能な通信方式。今…

音声に特化したAIベンチャーのHmcommは9月13日、博報堂DYホールディングスと共同で、音声AI技術によって屋外メディアの周辺空間を定量的に把握し、指標化する実証実験を実施すると発表した。この実証実験では、デジタルサイネージなど…

今週の109シリンダーには 女性9人組のK-POPアイドルグループ「TWICE」の日本ファースト・フルアルバム『BDZ』が掲出。他媒体ではクライアントの変更は見受けられないが、渋谷駅前ビル屋上は継続して工事が進んでいる。安室奈美恵さんのライ…

女優の吉田 羊さんが出演するNHK・BSプレミアムの「BS押しキャンペーン」と連動した特殊な交通広告が、9月10日からJR新宿駅構内の東西通路に掲出された。NHK・BSプレミアムは、2011年からNHKが放送している衛星基幹放送。「…

先週に続き渋谷駅前ビル屋上は工事中。109シリンダーにはグラフィックアートのような“枠”に収まらないレッドブルの広告が目を引く。また、シリンダーからは退いたものの、安室奈美恵さんのライブDVDの発売告知は周辺媒体を独占しており、さながら渋谷…

国土交通省は9月3日、地方版図柄入りのナンバープレートを10月1日から交付すると発表した。同省では、ナンバープレートが「走る広告塔」としての機能を持つことから、全国41地域の風景や観光資源をデザインした地方版図柄入りナンバープレート…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用、キングジム
  2. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  3. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会
  5. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告へ、JOLED
ページ上部へ戻る