「走る広告塔」図柄入りナンバープレートが10月1日に交付開始

国土交通省は9月3日、地方版図柄入りのナンバープレートを10月1日から交付すると発表した。

同省では、ナンバープレートが「走る広告塔」としての機能を持つことから、全国41地域の風景や観光資源をデザインした地方版図柄入りナンバープレートを交付する。意匠のラインアップは41種類となっており、料金は7280〜8600円と地域によって異なる。新車や中古車の購入時のほか、現在使用している自動車も車検時などに交換できる。

フルカラーの図柄入りナンバープレートは、通常料金のほかに1000円以上の寄付金が必要で、導入地域の交通改善や観光振興などに資する取組みに充てるという。

事前申込みは9月10日から専用ウェブサイトで受け付けるほか、最寄りの自動車ディーラーや整備工場でも可能だ。

>>図柄入りナンバープレート申込み特設サイト

写真引用:国土交通省

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 品川駅で新たな交通広告の実験スタート。LED FANが生む肉眼で見える三次元映像

  2. 首都高速道路沿いに新たな大型広告ビジョンを3面新設、ヒット

  3. 香港にテニスコート5面分の電子看板

  4. 首都高速道路沿いの「日本橋茅場町大型広告」がパワーアップ! 首都高最大級となる225.2㎡のビジョン…

  5. 電子ペーパー技術を応用した電子ポスター型ディスプレイを販売開始。カーボンニュートラルへの貢献をアピー…

  6. Web完結型デザインサービス「ASOBOAD」が横断幕や垂れ幕、のぼり関連の受注を開始、AMIX

  7. アクリル加工とLEDネオンチューブを組み合わせたオーダーメードの看板を販売開始、ワイケーイー

  8. 渋谷PARCO 話題のAKIRA工事仮囲い第二弾が披露

  9. 新宿駅に「BS押し」ボタン!?

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP