閉じる
  1. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  2. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出…
  3. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
  4. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
閉じる
閉じる
  1. 個人事業主の57.9%が仕事量に減りを感じる、新型コロナの影響調査
  2. 新型コロナウイルスに対する世界の意識調査結果を明らかに、マッキャン・ワ…
  3. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエー…
  4. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク
  5. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒッ…
  6. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム
  7. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  8. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
  9. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」…
  10. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
閉じる

看板経営.com

文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム

京都伝統産業ミュージアムは3月14日、早稲田大学創造理工学研究科経営システム工学菱山研究室のグループとAIの研究を行うVBIPジャパンが共同開発した「投扇興AR体験アプリ」の展示を開始した。同施設は、京都に古くから伝わる茶道や華道、能、狂言をはじめとした独自の文化をさまざまな形で紹介する展示施設。今回、同日からのリニューアルオープンに合わせて、ARアプリの導入を決めた。

投扇興(とうせんきょう)はもともと古くから京都で体験できる伝統的な遊びである。枕と呼ばれる大の上に立てられた蝶に向かって扇を投げ、投げた後にできた銘と呼ばれる形に応じて採点がつく。

いくつかの高価な工芸品と複雑なルールを使用するため、本来であれば体験するハードルが高い遊びと言えるだろう。しかし、「投扇興AR体験アプリ」では、ARによって空間上に必要な道具を出現させられるため、手軽に投扇興を体験できる。ARは一般的に拡張現実と訳され、現実の景色に視覚情報を重ねて表示し、目の前にある現実を仮想的に拡張できるというものだ。

AR投扇興の様子

.
京都伝統産業ミュージアムは近年伝統産業の振興に力を入れているという。今回のリニューアルでもその方針は変わらず先端技術と伝統技術の融合で開発されたARアプリを紹介し、伝統産業ファンの客層拡大も狙いのひとつなのだという。

そのほか、伝統産業工芸品である京扇子を再現する「京扇子アプリ」も併設。ARによって通常は手に取って見れない貴重な扇子の表面や精細部分を拡大表示させながら鑑賞できる。

伝統産業と最先端のAR技術を融合させた展示は、特に若い世代をターゲットに捉えており、興味を抱くきっかけになるのはもちろん、古き良き京都文化のさらなる継承が期待される。

ARを研究・開発した早稲田大学創造理工学研究科経営システム工学 菱山研究室グループの学生たち

関連記事

  1. フードコートの呼び出しベルを使った動画再生に、DOOH配信プラッ…

  2. リコー ドイツの産業印刷向けソフトウエア会社を11月中に買収へ

  3. 掲出先での看板デザインの見え方を事前に確認できるMRアプリ

  4. 企業の正社員不足50.3%。4月としては過去最高を更新する

  5. 第71回「広告電通賞」発表。総合広告電通賞はNTTドコモが初受賞…

  6. 都内初のPMによる屋外広告の実証実験にコンテンツ提供、セイビ堂

おすすめ記事

  1. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  2. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、NSK
  3. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  4. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出、山手線

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 個人事業主の57.9%が仕事量に減りを感じる、新型コロナの影響調査
  2. 新型コロナウイルスに対する世界の意識調査結果を明らかに、マッキャン・ワールドグループ
  3. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエージェンシー
  4. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク
  5. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒット
ページ上部へ戻る