閉じる
  1. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  2. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  3. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出…
  4. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
閉じる
閉じる
  1. 個人事業主の57.9%が仕事量に減りを感じる、新型コロナの影響調査
  2. 新型コロナウイルスに対する世界の意識調査結果を明らかに、マッキャン・ワ…
  3. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエー…
  4. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク
  5. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒッ…
  6. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム
  7. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  8. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
  9. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」…
  10. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
閉じる

看板経営.com

電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ

電通は3月11日、国内の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2019年 日本の広告費」を発表。依然好調の「インターネット広告費」が、6年連続の2桁成長で初めて「テレビメディア広告費」を抜き、2兆円越えを達成する結果となった。

レポートによると、2019年の総広告費は、6兆9,381億円。前回と比べ、大幅な増加となっているが、これは急速に成長し続ける広告市場に合わせ、今回から新たな項目を追加したためだ。従来の推定方法では、6兆6,514億円。前年比101.9%となり、8年連続のプラス成長となった。

媒体別広告費(2017〜2019年)

.
今回から新たに追加された項目は、生活家電や雑貨、書籍、衣類、事務用品などの物品販売を行うWebサイトを対象とした「物販系ECプラットフォーム広告費」。そのほか、「プロモーションメディア広告費」の内訳である「表示・映像ほか」に、イベント時の販促キャンペーン、ポップアップストア、スポーツイベントなどの製作費を追加し、新たに「イベント・展示・映像ほか」へと名称を変更している。発展著しいWeb通販関連と、広告業界が取り扱うイベント領域を拡張した形だ。

不透明な世界経済や相次ぐ自然災害、消費税率変更に伴う個人消費の減退、インバウンド消費など厳しい風向きのなか、前年に引き続き成長を続ける「インターネット広告費」やイベント関連が総広告費全体を押し上げ、市場をけん引する結果となった。

特に「インターネット広告費」は、ついに「テレビメディア広告費」を抑え、初めて2兆円を突破(前年比119.7%)。大型プラットフォーマーの堅調な伸びや、新設項目の「物販系ECプラットフォーム広告費」がさらに後押しした結果と言えるだろう。ITやAI、IoTといった技術がさらに浸透し、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化。広告業界のさらなる転換年となった。なお、新設項目を除外した前年同様の推定方法の場合でも、前年比113.6%の1兆9,984億円を達成している。

「テレビメディア広告費」と「インターネット広告費」の年別比較

.
媒体別に見ると「マスコミ四媒体広告費」は2兆6,094億円と5年連続の減少。「新聞広告費」「雑誌広告費」「ラジオ広告費」「テレビメディア広告費」はすべて前年割れとなっている。

また、「プロモーションメディア広告費」は2兆2,239億円。新設した「イベント・展示・映像ほか」が前年比158.4%を達成し、前年割れを防いでいる。前年同様の推定方法の場合は、2兆436億円(前年比98.8%)。

さらに屋外広告に絞ると、3,219億円(前年比100.6%)とほぼ横ばいだが、屋外ビジョンは増加傾向。LEDを活用した看板は前年に続き増えており、アナログから、デジタルサイネージやビジョンへのシフトが顕著となっているとわかる。

広告需要の高かったエリアは、新設の短期看板が多数登場した東京・青山、原宿、渋谷エリア。特に渋谷は、外資系企業の広告需要が高かったという。

また商業施設メディアも、新規オープンした施設のプロモーション展開など、首都圏を中心に堅調な推移を見せた。

同様に交通広告も、2,062億円(前年比101.8%)とほぼ横ばい。鉄道関連は、中づり、まど上、ドア横、駅ばりなどの紙媒体の落ち込みが目立った。その半面、その分をデジタルサイネージでカバーするという前年と変わらない傾向も見られた。

昨年と比較して大きな変化は、車内デジタルサイネージの需要増加が挙げられる。特に顕著なのはタクシー広告だ。新規参入もあり、前年より飛躍的に市場が拡大している。首都圏を中心に、地方にも普及。BtoB広告が多いものの、BtoC広告も増加傾向にあるようだ。

このほか、天気、気温、時間、位置情報などの外部データと連携したOOH広告「ダイナミック・デジタルOOH」を利用したサイネージの展開が、前年に引き続き話題を集めた。

折込広告やDM、フリーペーパーは、全て前年割れと厳しい結果になった。要因としては、インターネット広告へのシフト、消費税率変更の影響、印刷用紙の高騰があげられる。

しかし、インターネット広告で取り込めない顧客を、紙で取り込もうとする方法は伸長を見せている。特にECサイトの拡大とともに、紙のDMを顧客へ送付、購買などへつなげる企画は顕著な増加だった。

POP関連は、1,970億円(前年比98.5%)と微減にとどまった。AIロボットや次世代サイネージの活用など、新しいタイプの店舗が増えた1年。顧客体験・省人省力化を主軸に、店舗の新しい価値を求める動きが見られ、新たな店頭演出として、最新デジタルツールも数多く登場した。

>>> 電通 「2018年日本の広告費」を発表。前年比102.2%と7年連続でプラス成長

>>> 電通 「2017年 日本の広告費」を発表。屋外広告は3,208億円と微増

関連記事

  1. ネイキッド 8月下旬に都内初となる大型マッピング広告の実証実験へ…

  2. 村田機械 世界初の自律走行する、空間浄化デジタルサイネージ・ロボ…

  3. クレスト 店舗ディスプレイの効果測定に加え、店舗内の動線分析も可…

  4. 銀座三越 増加する外国人観光客に向け、5ヵ国語対応のDS設置

  5. APPP EXPO、世界初と謳う両面印刷対応の5m幅UV機をSK…

  6. 「走る広告塔」図柄入りナンバープレートが10月1日に交付開始

おすすめ記事

  1. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  2. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、NSK
  3. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  4. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出、山手線

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 個人事業主の57.9%が仕事量に減りを感じる、新型コロナの影響調査
  2. 新型コロナウイルスに対する世界の意識調査結果を明らかに、マッキャン・ワールドグループ
  3. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエージェンシー
  4. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク
  5. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒット
ページ上部へ戻る