アートディレクター・鷺森アグリ氏との連携で自社プリンターによる作品展を実施、エプソン販売

エプソン販売は11月17日(火)~12月9日(水)、東京のショールーム・エプソンスクエア丸の内で、自社IJPによる作品展覧会「Textile and Interior Printing Exhibition inspired by AGURI SAGIMORI」を開催する。

同展は、ファッション業界や美術制作の分野で活躍するファッションデザイナー兼アートディレクター、鷺森アグリ氏が手がける展覧会。展示物は、全て同社プリンターで制作されており、デザイナーが思い描く世界を同社出力技術によって余すところなく表現した展覧会となっている。

メーンテーマは、「自然をインストールする」。展示ブースは、「コロナ禍によって失われた春」をイメージした室内装飾を施す「ROOM」と、ソーシャルディスタンスのパーテーションをデザインに落とし込んだ「SHOP」という2つの空間で構成される。展示物には直接手を触れられるようになっているため、精巧な出力物を細部まで確認できるという。

さらに、11月21日(土)には、鷺森氏とのオンライントークイベントを実施。このほか、別日には展示作品の模様を転写した布でエコバックやマスクを作るワークショップも開催する。各種イベントへの参加は全て事前登録制で、費用は無料となっている。

  • 「Textile and Interior Printing Exhibition inspired by AGURI SAGIMORI」の概要
  • 会期:2020年11月17日(火)~12月9日(水)
  • 時間:11:00~17:00
    ※毎週日曜日は休館

>>>公式サイトはこちら

ページ上部へ戻る