「渋谷コークビジョン」が稼働開始。透過型LEDビジョンの採用で立体感のある演出を提供、日本コカ・コーラ

日本コカ・コーラは10月26日、東京・渋谷スクランブル交差点のQFRONT屋上に新設した大型ビジョン「渋谷コークビジョン」の本格稼働をスタートした。

地上約40mの位置に設置した「渋谷コークビジョン」は、約18万個のLEDを使用した透過型LEDビジョンを採用。その透過性を活かし、立体感のある映像を放映していく。背面に設置したLED照明と組み合わせることで、まるで宙に浮かぶようなコカ・コーラを演出する。同社では、「渋谷を訪れる方々に驚きとワクワク感を提供するとともに、コカ・コーラならではのさわやかで前向きな気持ちをお届けする」としている。

夜間放映されるコンテンツ「Hologram」

透過型LEDビジョンのサイズは、W18×H9.75mの175.5㎡。LEDの数は17万9,712個で、その輝度は7,000cd/㎡、透過率は60%となっている。背面のハイパワーホワイトLED照明は11台設置し、その光束は3万3.000lm。

渋谷コークビジョンの着想は、2017年12月にまでさかのぼる。同年8月、米国のザ コカ・コーラ カンパニーが、ニューヨークのタイムズスクエアに、3Dロボティックによる世界初の屋外広告を展開し、大きな話題を集めた。これを受け、「日本でも人々がわくわくするようなランドマークを」という想いのもと、渋谷コークビジョンの開発プロジェクトが立ち上がったという。約1,000日におよぶ開発期間を経て、今回のお披露目となった。

放映時間は9時から24時まで。コンテンツは、宙に浮かぶようなコカ・コーラや、氷の壁を突き破って登場するポーラーベアなどの5種類で構成する。

コンテンツの概要は下記のとおり。

  • 「Kanpai!」(カンパイ!)/放映時間帯:9:00~17:00/放映尺:30秒
  • 「Dance」(ダンス)/放映時間帯:9:00~17:00/放映尺:15秒
  • 「Illusion」(イリュ―ジョン)/放映時間帯:17:00~24:00/放映尺:30秒
  • 「Hologram」(ホログラム)/放映時間帯:17:00~24:00/放映尺:30秒
  • 「Polar Bear」(ポーラーベア)/放映時間帯:17:00~24:00/放映尺:30秒
Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. デジタル印刷とエンボス加工をワンストップでできるラテックス機を紹介、NSK

  2. 日本初となるLEDビジョンを搭載した広告船の運航をスタート。大阪・道頓堀川を皮切りに全国展開へ、NY…

  3. 広告の効果検証WEBサービス「OOH-ATLAS」を共同開発、ケシオン

  4. 日本交通などのタクシー車両に搭載するサイネージと屋外ビジョンをセットで提供、LIVE BOARD

  5. VR技術による屋外・交通広告の評価システムを提供開始、360Channel

  6. ZUNDシリーズの魅力に迫るイベント「ZUNDユーザーサミット」を東京オフィスで開催!スピード・安定…

  7. 「お~いお茶」と大谷選手がコラボ!国内82カ所、国外6カ所を埋め尽くす大型ジャック広告を展開 伊藤園…

  8. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」見込む

  9. S&Dショウで第4世代インク搭載の最新ハイエンドモデル「HP Latex 800W」と広範…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP