TBS・アンナチュラル 石原さとみさんら出演者の骨が浮かび上がる特殊広告

東京・新宿に解剖医の体験ができる特殊広告が登場。

この特殊広告は、TBSが12日22時にスタートした金曜ドラマ・アンナチュラルのPRの一環として展開。主演の石原さとみさんらキャストが並んだ大型ポスターに、特殊な印刷技術が施されている。

それは、キャスト5人の全身が掲出されたポスタービジュアルに、スマホやデジカメでフラッシュを焚くと、5人の骨や内臓が浮かび上がる仕組みとなっている。

単なるシート貼り広告がフラッシュを浴びると一変。骨が浮かび上がる仕組み

twitterとも連動。5人のうち1人が骨折している演出を仕掛け、その画像と#アンナチュラル発見のハッシュタグを添えて投稿すれば、出演者のサイン入りポスターがもらえる。掲出先は東京メトロ丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナード、期間は8日から14日まで。

昨年から各種プロモーションで採用が広まったフラッシュで浮かび上がる印刷技術。今年話題のOOH手法となりそうだ。

>> TBSホームページ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 北海道日本ハムファイターズの新球場に最新映像システム「KAIROS」が採用。場内600台のサイネージ…

  2. 「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」が3月12日に開催。今年もリアルとオンラインのハイブリット開…

  3. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」見込む

  4. 都営地下鉄新宿線のつり革に、消臭ポリ袋「ニオワイナ」の交通広告が登場。サンリオやマタニティマークとの…

  5. 透明・不透明を切り替えられる調光フィルムが駅内コンビニで採用、凸版印刷

  6. 掲出先での看板デザインの見え方を事前に確認できるMRアプリ

  7. ブラザー工業 今年4月刷新の塔屋看板をライトダウン。7月7日まで

  8. 一般の貨物トラックが広告媒体になる新サービスを開始。車両の管理からデザイン制作、行政申請までワンスト…

  9. 凸版印刷 フルカラー電子ペーパーのデジタルPOPを開発。試作モデルの実証実験へ

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP