地球温暖化防止に向けて一部直営120店舗の看板をライトダウンへ、ワタミ

ワタミは3月18日、8社15ブランドの外食チェーンと共同で、WWF主催のイベント「EARTH HOUR 2022」に参画すると発表した。3月26日(土)20時半〜21時半には、「ミライザカ」「鳥メロ」「TGI フライデーズ」の一部直営120店舗で看板などのライトダウンを実施し、従業員と顧客で地球温暖化防止と環境保全の活動を促進するとしている。

「EARTH HOUR」とは、世界中の人々が同じ日、同じ時間に1時間の「消灯」を通じて、地球環境保全への意思表明をする世界最大規模のソーシャルグッドプロジェクト。2007年にWWFオーストラリアの地球温暖化防止キャンペーンとして始まったものが世界中に広がり、2021年3月のEARTH HOURには過去最多となる192カ国・地域が参加した。

ライトダウンは、日付変更線に近い南太平洋からスタートし、現地時間の20時半を迎えた地域から順次消灯を行い、消灯リレーが地球をぐるりと1周する流れになっている。2019年から垣根を越えて多くの企業が参加し、2022年は8社15ブランドの外食チェーン(817カ所)でライトダウンを行う予定だ。

ワタミでの実施店舗は次の通り。

  • 旨唐揚げと居酒メシ「ミライザカ」:61店舗
  • 三代目「鳥メロ」:49店舗
  • American Restaurant & Bar「TGI フライデーズ」:10店舗
Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 一般車を広告媒体にするサービス「WithDrive」。ユーザー登録数1,000件突破を記念したキャン…

  2. 横浜市内を彩るネオンサインの写真を多数集めたパネル展を開催、横浜市と神奈川県広告美術協会

  3. 横浜市 ネオンサインによる屋外広告物の写真展を実施。展示用に曲げた成果物も

  4. ネイキッド 8月下旬に都内初となる大型マッピング広告の実証実験へ

  5. 柔軟性と伸縮性に優れた発泡ポリエチレン製の両面テープを発売。アクリル系粘着剤による強粘着も強みに ニ…

  6. 最新機種の実機デモが見られるグローバルオンラインイベントを開催。各マシンを活用したサイン業界向けの多…

  7. impactTV 小型デジタルサイネージの下取り・買い替えキャンペーンを開始

  8. ものづくり補助金を活用した新規プリントビジネスの実例を学べるオンラインセミナーを開催、補助金ポータル…

  9. 4月下旬にラテックスインク搭載プリンターを発売し、サイングラフィックス領域へ参入 ブラザー

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP