羽田空港に自由に表示切り替え可能なフルカラー電子ペーパーを導入。駅構内の案内表示として、全国各地で随時展開へ、京浜急行電鉄と大日本印刷

京浜急行電鉄と大日本印刷は、5月16日、実証実験の一環として、羽田空港第3ターミナル駅と羽田空港第1・第2ターミナル駅に、フルカラー版「DNP電子ペーパー Powered by E Ink」を設置したと発表した。

「DNP電子ペーパー」とは、大日本印刷の提供する薄型軽量・低消費電力が特徴の販促用デジタルメディア。電力をほとんど消費せずに複数の画像の表示切り替えができるため、駅時刻表や案内などに数多く採用されている。従来では、モノクロ、あるいはその表示面にあらかじめ着色のうえ固有部分の単一カラー表示しかできなかったものの、今回新たに3万2,000色を表示できる「DNP電子ペーパー Powered by E Ink」を開発。実証実験の一環として、羽田空港内の2駅に導入される運びとなったそうだ。

同製品を上手に活用できれば、例えば特急やエアポート快特といった、列車種別にフルカラー表記が必須となる駅時刻表に対しても活用可能に。もちろん、1台の電子ペーパーで平日・土休日を切り替えて表示するのも容易だ。

今後は、全国から人が集まる観光地などにも積極活用し、状況に応じてさまざまな案内を表示するなど、さらなる導入効果を検証予定。一層の利便性向上に向けて、注力していく。

実証実験の詳細は以下の通り。
■設置場所・設置台数
・羽田空港第3ターミナル駅(2階)改札口付近に「スタンドタイプ」1台
・羽田空港第1・第2ターミナル駅(第1ターミナル側改札口)改札口付近に「壁掛けタイプ」1台
※一定期間後、設置場所を変更する場合あり
■運用開始日
・2023年5月16日11時

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 来年2月1日に「サクライフェア 2024」を開催。最新大判プリンターや環境対応IJメディアなどを一堂…

  2. 防火認定適用の表面保護を超高速で提供する後加工専用IJP「プリンテリアクリア」を発売、リンテックサイ…

  3. 首都圏203駅476面のデジタル媒体をパッケージ化した「DOOHセット」の提供を開始、JR東日本

  4. アイスの全フレーバーが並ぶ屋外広告を全国5都市で一斉展開。新商品の発売をPR、B-R サーティワン …

  5. キヤノン Corolado 1640でショールームを特別装飾。ラグビーワールドカップに向けて

  6. コロナ禍で頑張る受験生のリアルな声を全面に描いた屋外広告を渋谷で実施、明治

  7. 5月の「消費予報」を発表。新型コロナの影響で意欲は過去最低、博報堂生活総研

  8. 布素材のプロファイル作成を可能としたIJ出力のカラーマネージメント、エックスライト社

  9. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP