3モデルの産業用インクジェットヘッドを世界同時発売、リコー

リコーは3月16日、産業用インクジェットヘッド「RICOH MH5422」「RICOH MH5442」「RICOH MH5422 Type A」の3モデルを開発し、世界同時発売した。

新ヘッドは、独自の高精度化技術により、高画質と高生産性が両立したプリントを提供する。具体的には、1,280ノズル・150npi×4列のノズル配置と標準液滴量7plに加え、着弾精度や吐出滴速度の均一性を図り、高画質印刷を実現。併せて、高周波駆動時の安定性を高め、最大50kHzの駆動周波数によって生産性も向上する。

インクはUV、水性、溶剤の全てに対応。とりわけ、水性インクに対しては前身機「RICOH MH 5421/5441」(2017年発売)の2倍を超える長寿命化を達成している。

ノズル面の耐擦性は、高撥水処理技術により、従来ヘッドに比べて撥水膜の強度を向上。繰り返しのワイピングに対する、撥水膜の性能低下を軽減し、長時間の使用でも安定した画像品質を提供する。

新ヘッドの主な仕様

同社では新ヘッドの上市により、第6世代「RICOH MH5320/5340」の最新技術を継承したラインアップ強化製品として、さまざまなニーズに応じて適合性の高いヘッドを選択可能にした。また、従来の「RICOH MH5420/5440」(2012年発売)、「RICOH MH5421/5441」 のユーザーは、標準液滴量が同等の次世代ヘッドとしてプリンターのアップグレードが容易にできるとしている。

>>>新ヘッドの詳細はこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 自転車や自家用車、自宅、洋服など、どんなスペースでも広告メディアにできる新しいマッチングサイトが登場…

  2. 新宿駅に「BS押し」ボタン!?

  3. “推し活”を全面サポートする新たな屋外広告の在り方「FUN FLAG」について学べるオンラインセミナ…

  4. 2020年度の広告費はマイナス16%の大幅減の見通し。併せて2021年の広告費予測を発表、日経広告研…

  5. デザインコンテンツに尾形光琳作「風神雷神図屏風」シリーズをラインアップ、LSS

  6. 子会社化に伴い店舗ロゴを一新。10月から順次変更へ、ハンズ

  7. 写真とデザインデータだけでオーダーメードのグッズを製作できるWebサイト「Original Fact…

  8. アイスの全フレーバーが並ぶ屋外広告を全国5都市で一斉展開。新商品の発売をPR、B-R サーティワン …

  9. 郵便局の店頭に屋外広告を掲出できる新プランが登場! 全国各地への一斉展開や地域を絞った展開も可能に …

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP