「感謝」の文字で埋め尽くされたB0ポスター60枚分の巨大広告が登場、鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキットは、開場60周年のアニバーサリーイヤーとなる2022年3月1日から60周年記念事業「SUZUKA 60 PROJECT」を展開。この一環として3月21日には、B0ポスター60枚分にあたる全長約44mの巨大広告を阪急電車・大阪梅田駅構内に掲出した。

巨大広告では、鈴鹿サーキットが開場されてから60年分の「感謝」のメッセージを発信。文字通り「60年分の数え切れない『感謝』を込めて。」をメインメッセージに、感謝の文字で埋め尽くされたレーシングコースのアスファルトが描かれている。

「60周年だからB0ポスター60枚分」

この「感謝」の数は適当ではなく、60周年に関わる “あの数”になっているという。こだわりの“あの数”に合わせるためには、3日間のデザイン調整が必要だったそうだ。

広告内にはQRコードが配置されており、リンク先の特設サイトから誰でも広告画像をダウンロードできる。この画像を自身のスマホやPCから拡大して見ると、「感謝」の文字が何個あるか数えてみることも可能だ。感謝の数が分かった人は、その数をツイートしてSNS上でも楽しめる企画となっている。

「感謝」の数は60年分。その文字数のヒントも……

  • 掲出場所:大阪梅田駅構内「阪急梅田ロングセット60」
  • 路  線:阪急京都本線・阪急神戸本線・阪急宝塚本線
  • 掲出期間:2022年3月21日(月・祝)~ 年3月27日(日)

>>>特設サイトはこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 大手ニュースアプリと連携しシームレスにサンプル商品を受け取れる広告パッケージのテスト販売を開始、JR…

  2. 屋外広告のデザインを5年ぶりに刷新。SDGs達成に向けた企業姿勢をPR、ブラザー工業

  3. アニメのライセンス獲得とグッズ製作ビジネスのいろはを学べるセミナーを11月25日に開催、ミマキとシン…

  4. デジタルサイネージを活用したNFT販売の実証実験を実施、丹青社と三井不動産

  5. フクダサインボード イトーキの特許技術をライセンス契約。屋外向けオンフックサインシステムの開発へ

  6. JR名古屋駅でサイネージ視認者計測に関する実証実験を開始、ビズライト・テクノロジー

  7. 横浜市内を彩るネオンサインの写真を多数集めたパネル展を開催、横浜市と神奈川県広告美術協会

  8. 【中止】第36回広告資機材見本市「SIGN EXPO 2021」を開催、近広連

  9. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP