舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の公演開始を記念し、赤坂駅周辺が魔法の世界に生まれ変わる期間限定イベントを開始、TBSホールディングスとワーナー ブラザース ジャパン

TBSホールディングスとTBSテレビは6月16日(木)、舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の公演に合わせて、東京・赤坂サカス周辺と赤坂Bizタワーの街並みを装飾する期間限定イベントを実施。親会社であるWarner Bros. Themed Entertainmentならびにワーナー ブラザース ジャパンと連携し、同作品に登場する「ホグワーツ魔法魔術学校の寮」やオフィシャルグッズを販売するポップアップストアなども登場させ、まるで魔法の世界に迷い込んだかのような空間になっているという。

東京メトロ赤坂駅から、メーンストリート、コラボカフェ、オリジナルグッズショップと、4つのコンテンツで構成される

イベントの玄関口となる東京メトロ赤坂駅近郊には、ハリー・ポッター劇中に登場するホグワーツの動く階段をイメージした装飾が展開。さらに、作品上の象徴的なアイテムである地球儀状の「タイムターナー」も配置されるほか、天井部に展開される星空のアートワークにも要注目だ。

赤坂駅近郊に設置された巨大な「タイムターナー」のオブジェ。ここから始まる赤坂サカスで過ごす楽しい時間へ「時を転換させる」というテーマを持たせているそうだ

メーン会場となる赤坂サカス周辺は、ホグワーツ魔法魔術学校を模した4つの寮で構成。また、コラボカフェ「Harry Potter Cafe」や、オフィシャルグッズショップ「Harry Potter – Mahou Dokoro(ハリー・ポッター マホウドコロ)」もオープンする。

コラボカフェの天井には、約3.5mの「魔法の杖」を吊り下げ展示。天井に広がる照明や額縁をまたがるパトローナスの装飾などで、カフェ全体の世界観を演出している

特にグッズショップでは、作中の寮生が着用するローブや音声認識機能付きの魔法の杖など、ファンなら思わずほしくなるようなアイテムから普段使いできる小物まで、約800種類ほど取りそろえている。来場者に魔法の世界を楽しんでもらえるのはもちろん、各ショップ内も物語を象徴する装飾で埋め尽くされており、フォトスポットとしての活用も期待されている。

グッズショップの内外装は魔法ワールドをイメージして装飾。魔法を身近に感じられるアパレルアイテムから日常使いできる小物まで、約800種類に及ぶ豊富なラインアップをそろえる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 多彩なアーティストが手がけたネオンアートを一堂に会した展示会「大ネオン展」を今年も開催。開業65周年…

  2. SNS感覚で情報を発信できるデジタルサイネージアプリ「ニュースボード」を発表 サイバーステーション

  3. 使用済みの垂れ幕がさくら色のエコバッグに! Web上で販売するアップサイクルプロジェクトの第5弾を実…

  4. 第4世代のHPLatexインクを搭載した3.2m幅スーパーワイド機を発売へ。出力サービスの自動化を後…

  5. 社員が働く環境を第一に考えた新オフィスにリニューアル。併せて、アップル社の創業者・スティーブ・ジョブ…

  6. 「時給178円UPでちょっとイイこと」のキャッチコピーで全国それぞれの大学生に向けたプロモーションを…

  7. 9月13日と14日にデジタルプリントの資機材展「Digital Printing Expo 2023…

  8. 掲出先での看板デザインの見え方を事前に確認できるMRアプリ

  9. 壁面のレールにチャンネル文字を引っかけるだけでLEDが点灯。非接触給電サイン「KAGAYAKI」を発…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP