アイケーシーとショウワが9月1日に対等合併へ、新商号は「IKCS株式会社」

アイケーシーとショウワは、2022年9月1日に対等合併ならびに商号変更すると発表した。両社ともに泉の100%持株会社。

今回の合併目的は、両社の商品開発力や販売力を相互活用した、市場競争力の強化だ。 車窓・建築窓用フィルムやサイン商材の全国直販ルートを保有するアイケーシーと、 膜材をはじめとした幅広い産業資材を取り扱うショウワの強みを生かし、多様化する顧客ニーズに対応できる事業体制を構築していくという。

新会社の商号は「IKCS株式会社(アイケーシーエスカブシキガイシャ)」で、代表取締役社長には成瀬基樹氏(現:アイケーシー代表取締役社長)が就任する。資本金は5,000万円で、決算期は8月31日。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 電通 日本初、屋外・交通広告に接触したユーザーの実行動データを分析

  2. 創立100周年を機に「道頓堀グリコサイン」のデザインを変更、江崎グリコ

  3. 2016年度の総店舗数は21万超

  4. 海外の最新マシンとその活用事例が学べるオンラインセミナーを開催。お得に導入できる補助金情報も、フジテ…

  5. 歯科医院向け動画配信サービスの提供を開始、日本ビスカ

  6. 泥棒にそそのかされたパパが海賊版サイトをつくってしまう「転載はバカボン」、ABJ

  7. デジタルサイネージ広告の市場調査を実施。景気は右肩上がりで、2023年の市場規模は801億円の見通し…

  8. 第60回JAA広告賞の入賞作品が発表。屋外・交通広告部門のグランプリは静岡市の「静岡市プラモデル化計…

  9. 東京メトロ丸の内線・新宿駅に“寝顔だらけ”の屋外広告が登場! 良質な睡眠を応援するキャンペーンで「B…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP