「テレビ×Web×DOOH」の広告効果を可視化する実証実験を開始。国内を代表する広告代理店や通信キャリア、調査機関5社が連携

テレビ視聴率をはじめとするメディアデータの調査を行うビデオリサーチは9月15日、DOOH広告配信プラットフォームを手がけるLIVE BOARD、通信キャリアを提供するNTTドコモ、総合広告代理店の電通、同じく博報堂DYメディアパートナーズの各社と連携し、「テレビ×Web×DOOH」のトリプルメディアにおける広告効果の可視化を目指した実証実験を開始したと発表した。期間は、2024年3月29日までを予定している。

この実証実験では、ビデオリサーチグループの保有するテレビ・Webへのメディア接触データや生活者の意識データと、LIVE BOARDが持つ広告配信データなどを連携させ、テレビ、Web、DOOHそれぞれのメディアへの接触頻度を調査。生活者のグルーピングを行い、それぞれのグループにおけるプロファイリングを実施していく。加えて、アンケート調査を行い、DOOH接触が意識変化や行動変容などにどのように寄与したかを深掘りしていく。対象は、関東の特定エリアが予定されている

そして、その結果を踏まえ、電通、博報堂DYメディアパートナーズが携わる実際のキャンペーン広告を「テレビ×Web×DOOH」のトリプルメディアで表示。DOOHへの接触が実際にどれだけの広告効果を示したのかを各社のキャンペーンごとに検証していくという。

さらに、NTTドコモ独自のAI分析エンジンを活用したさらなる調査も実施。電通および博報堂DYメディアパートナーズがこれまで行ってきた多彩なキャンペーン事例、LIVE BOARDのDOOHに特化した分析技術、国内随一のテレビ視聴データを持つビデオリサーチの分析ノウハウ、NTTドコモの分析技術をかけ合わせ、これまでの広告業界では表現できなかった新たな広告価値を見出していく。

なお、具体的な調査結果については、2024年3月末目途で各社のプレスリリースなどを通して発表される模様だ。

実証実験の概要は以下の通り。

■「テレビ×Web×DOOH」のトリプルメディアにおける広告効果の可視化を目指した実証実験
1.目的
近年の交通広告を含めた屋外広告の成長を踏まえ、その成長を支えるDOOHの有効性を検証する
2.実証実験概要
調査①/「テレビ×Web×DOOH」の接触パターンごとのプロファイリングとDOOHの有効性確認
調査②/アンケート調査
(項目例)
DOOHの位置づけ(役割)、DOOHで想起する広告内容、DOOH接触後の態度変容、DOOHに対する印象、DOOHの特徴(他メディアとの違い)、など
・調査③/キャンペーン広告を用いたトリプルメディアにおけるDOOHの有効性検証
3.実証実験期間
2023年9月15日(金)~2024年3月29日(金)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 千葉県の看板製作会社と新聞社がビジネスマッチング契約を締結。業界の垣根を超えた新規顧客獲得へ、協同工…

  2. 「時給178円UPでちょっとイイこと」のキャッチコピーで全国それぞれの大学生に向けたプロモーションを…

  3. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム

  4. 新色の白インクと新開発のメディア検出センサーを搭載した「Colorado」の最新モデルを発表。8月下…

  5. 巨大な壁画アートでワイヤレスイヤホンをPR。2022年11月に続く第2弾は、東京・秋葉原に出現 WA…

  6. オフィスの改装を記念してスティーブ・ジョブズ氏の写真展を開催。新社屋ではハード面を大幅に刷新し働き方…

  7. 海外の3Dプリンター製品を取りそろえるECサイトがオープン。マシンを15%OFFで購入できる開店記念…

  8. 布素材のプロファイル作成を可能としたIJ出力のカラーマネージメント、エックスライト社

  9. 人気の器具一体型外照式LED「アドビュー」シリーズに、出幅99㎜のコンパクトサイズを追加。屋内、間接…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP