「プリキュア」シリーズ20周年を記念して全国各地に交通広告を掲出。JR新宿駅のデジタルサイネージでも迫力ある映像を展開、東映アニメーション

東映アニメーションでは1月30日、人気テレビアニメ「プリキュア」シリーズの誕生20周年を記念して、全国9都道府県、20のエリアでさまざまな交通広告を掲出した。

その一環として、JR新宿駅構内でも、映像によるPRを実施。東西自由通路に設置された大型デジタルサイネージ「新宿ウォール 456」を活用して、これまでの作品で登場した総勢70人以上のキャラクターが一堂に会する、迫力満点の映像を放映した。掲出期間は、2月5日(日)までとなっている。

「プリキュア」シリーズは、ごく普通の少女が戦士「プリキュア」に変身し、悪の組織と戦うなかで培っていく友情や絆、成長などのテーマを描く作品。毎年モチーフやテーマを変えながら主人公を交代させ、これまで19作品にわたって多彩な物語が紡がれてきた。

このほか、札幌、東京、名古屋、福岡など全国9都道府県20エリア100カ所におよぶバス停広告には、これまでのTVシリーズでキャラクターデザインを担当してきた面々による描き下ろしイラストが登場。こちらは、2月12日(日)までの掲出が予定されている。

さらに、阪急大阪梅田駅の「梅田ツインビジョン」や「阪急ビッグマン」、JR池袋駅の「池袋駅 J・ADビジョン」など、人通りが多い駅構内に設置されたデジタルサイネージでも映像広告を展開。加えて、池袋エリアでのフラッグ広告によるジャックやバンダイ本社ビルのラッピングなど、多彩な演出でプリキュア20周年を祝っていく。2月1日からは、池袋のサンシャインシティで、これまでの歴史を一挙に振り返れる展示会「全プリキュア展~20th Anniversary Memories~」も開催されるそうだ。

大型デジタルサイネージによって、20年にもおよぶ長い歴史が紹介された

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 全国各地に「5秒出社」の屋外広告を展開。どこにいてもWeb上から出社できるヴァーチャルオフィス空間を…

  2. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告へ、JOLED

  3. 「CO2を100%削減した出力工場」でサイングラフィックスを生産する体制確立、イーストウエスト

  4. 草間彌生氏との10年振りのコラボを記念して最先端のOOHで東京をジャック ルイ・ヴィトン

  5. 日本交通のデジタルサイネージ端末、他社タクシーにも提供開始へ

  6. ENEOSの看板 13568店舗へ

  7. 約10年分の延命効果が期待できるポール看板の補強工法を新開発、三和サインワークス

  8. 空港での広告接触によるブランドリフト効果を調査、その結果を明らかに PORTO

  9. 2社の連携により、エレベーターサイネージと電車内サイネージを組み合わせた新広告プランが登場 大日本印…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP