サイン業界向け大判IJP「TrueVISシリーズ」に、レジン・UVインクをそれぞれ搭載した6機種が新登場 ローランド ディー.ジー.

ローランド ディー.ジー.は1月26日、大判IJP「TrueVISシリーズ」の新製品として、レジンインク搭載の「AP-640」と、UVインク搭載の「LG-640/540/300」をリリース。さらに、イニシャルコストを抑えたUVインク搭載の「MG-640/300」と合わせて、計6モデルを世界同時発表した。

特に新開発のレジンインクは、メディアの風合いを生かしたナチュラルな表現力が特徴。水性ベースで速乾性にも優れ、高い生産力を誇る。これから先、より重視されるであろう環境配慮の面で、最適な製品となっている。

またUVインクは、高精細かつ凹凸のある特殊印刷が可能。触って感じられる立体的な表現をつくり出し、アート作品の忠実な再現や、点字などのユニバーサルデザインにも力を発揮する。

TrueVISシリーズは、広告・看板製作用大判IJPのフラグシップモデル。今後は2022年3月に発表したエコソルベントインク搭載の4モデルと合わせて、全10モデルを提供していく。

>>>「TrueVIS VG3/SG3シリーズ」の記事はこちら

今回のラインアップ拡充について、グローバルセールス&マーケティング本部のTony Miller本部長は、「プリンターの性能やインク技術の進化により、ひとつのインクタイプでできる仕事の幅は大きく広がっています。当社としては、場所や用途に合わせてより相性の良いベストソリューションをご利用してもらえるよう、選択肢を増やしていく姿勢が重要だと考えました」とコメント。新たなTrueVISシリーズを通して、ユーザーとともにサイン&グラフィックスビジネスの未来をつくり上げていきたい、と言葉を締めた。

>>>各マシンのスペック詳細はこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「お~いお茶」と大谷選手がコラボ!国内82カ所、国外6カ所を埋め尽くす大型ジャック広告を展開 伊藤園…

  2. 最新情報を多言語で伝えるデジタルサイネージサービスに、施設情報を配信できる新メニューが登場。アナログ…

  3. 生産性が約2倍に向上したラテックスインク搭載プリンターを発売、リコー

  4. 新宿駅東西自由通路の大型デジタルサイネージが放映開始。音と光を組み合わせた多彩な空間演出が可能に

  5. 大手広告会社3社と一挙に業務提携を締結。DOOH領域のさらなる強化へ、ジーニー

  6. 後継ぎがいない伝統産業の引き継ぎを支援する動画講座「事業承継の大学」を開講、全国伝統産業承継支援

  7. 空港での広告接触によるブランドリフト効果を調査、その結果を明らかに PORTO

  8. 新CMの演出コンテが京王線・新宿駅のアドストリートに登場! 年明けの公開に先駆け屋外広告で映像内容を…

  9. 高精細スキャナーをショールームに設置。IJPと組み合わせたサービスを開始、リンテックサインシステムと…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP