ミマキ製品を集結させた新JPデモセンターの開所式を実施。徒歩2分のショールームと合わせて41機種47台の多彩なマシンを網羅 ミマキエンジニアリング

ミマキエンジニアリングは4月19日、東京・五反田にあった旧・JPデモセンターを移転し、大崎に新たなJPデモセンターを開設。前日の18日には、同施設の見学会と開所式が実施された。

このJPデモセンターのコンセプトは、「ミマキのソリューションその全てが東京・大崎に」。これまでは床荷重と搬入口の問題から制限されてしまっていた多種多様な製品やアプリケーションの設置を実現し、隣接するショールームも含め、41機種47台のマシンを集結させている。新機種を含めた実機によるデモンストレーションを余すところなく体験できるのはもちろん、来場者の移動負担がないまま、同社製品のフルラインアップを紹介できる設備を整えたという。

今後は、各機種のデモンストレーションや独自のリアル展示会など、同社製品の強みを生かした提案を行っていく。東京支社ショールームから徒歩2分という好立地も、よりユーザーが訪問しやすい環境と言えそうだ。

主なマシンとして、サイン業界向けフラッグシップモデルの低溶剤機「JV330 Series」や、フラットベッド型のUV機で大判タイプの「JFX600-2513」「JFX200-2513」をはじめ、トップレベルの生産性と安定性を備えるUV機「UJF-7151」シリーズ、デスクトップ型ながら操作性が高く使いやすい「UJF-6042MkII e」シリーズなどの産業用IJPを多数展示。

このほか、ハイエンドフラットベッドカッティングプロッター「CFX Series」や、テキスタイル・アパレル向けのDTFプリンター「TxF150-75」、水性昇華転写プリンター「TS330-1600」、3Dプリンター「3DUJ-553」など、業界問わずユーザーのニーズに合わせたマシンを幅広く網羅している。また、他社製の各種後加工機も用意し、3Dプリンターの出力サンプルも多数展示するなど、遊び心も交えたショールームとなっている。

UVインク搭載プリンター「JFX600-2513」

ハイエンドフラットベッドカッティングプロッター「CFX Series」

エコソルベントインク搭載プリンター「JV330 Series」

DTFプリンター「TXF150-75」

3Dボディスキャナー

フラットベッド型の小型UV機「UJF-MKII e」シリーズ

今夏発売予定のアームロボシステム

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2

関連記事

  1. キヤノン Corolado 1640でショールームを特別装飾。ラグビーワールドカップに向けて

  2. 屋外広告の効果を可視化するWebシステムにレポート作成サービスを追加。より細かな数値化が可能に ケシ…

  3. 地域と宿泊客をつなぐマップ型デジタルサイネージが熱海の大手ホテルに導入、インセクト・マイクロエージェ…

  4. 新宿区 屋外広告物の地域別ガイドライン(神楽坂)を発表

  5. シャープ 24時間稼働するパソコンレスの電子看板を発表

  6. SIAAマーク取得の抗ウイルスフィルムを新たに発売、リンテックサインシステム

  7. これまでにない透明度と薄さ1.8㎜を実現したLEDビジョンを発売開始 アビックス

  8. デジタルサイネージを非接触ディスプレイに早変わりさせるオプション機器2種を発売、ジャパンマテリアル

  9. OOHの掲出風景を臨場感のある動画としてSNSで拡散させる独自サービス「HIT-buzz」を提供開始…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP