VTuberからの手紙を持ち帰れるピールオフ型広告を展開。第5弾バーチャルタレント「Dev-e」のデビューを記念して ソニー・ミュージックエンタテインメント

ソニー・ミュージックエンタテインメントは4月24日、バーチャルタレント育成&マネジメントプロジェクト「VEE」で4月17日にデビューした、第5弾バーチャルタレント「Dev-e」のピールオフ型交通広告を東京・新宿のメトロプロムナードに掲出した。

この交通広告では、左側にDev-eのタレント「雨庭やえ」「黒燿リラ」「月白 累」の3人が歩んでいく姿が描かれ、中央には全420通の封筒が貼り付けられている。封筒に入れられているのはVTuberからの手紙で、2022年5月デビューのDev-aから2023年4月17日にデビューしたばかりのDev-eまでの「VEE」に所属する20人のバーチャルタレントが、広告を見てくれた人へ宛てて書いたものとなっている。

420通のVTuberからの手紙

現地では、実際にこの手紙を剥がして持ち帰ることができる「ピールオフ型」として展開。広告の右側には、Dev-eの3人が描かれたキービジュアルやVEEから通行人に向けたメッセージを掲載している。掲出期間は4月30日(日)まで。

なお、「VEE」では同プロジェクトを通して、配信や動画制作だけでなく、音楽、声優、創作など、各バーチャルタレントが夢を実現させるための活動を展開。多岐にわたってエンタテインメント事業を展開してきた同社グループが持つノウハウや、ソリューションを最大限に活用し、各バーチャルタレントの活動をサポートしている。これまで2022年5月に「Dev-a」、6月に「Dev-b」、8月に「Dev-c」、10月に「Dev-d」がデビューを果たし、今回新しく2023年4月に「Dev-e」がデビュー。現在、合計20人のバーチャルタレントが活動している。

Dev-eの3人が描かれたキービジュアル

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. アートディレクター・鷺森アグリ氏との連携で自社プリンターによる作品展を実施、エプソン販売

  2. 産業用ドローンによる測量や点検がわかる実演会を関西地方で初開催、セキドとプロクルー

  3. ニチバン安城事業所の名物。セロテープの巨大壁面広告が刷新

  4. ファミリーマート サークルK・サンクス全国5000店舗の看板架け替え完了

  5. デジタルサイネージを活用したNFT販売の実証実験を実施、丹青社と三井不動産

  6. コンテンツ制作とデジタルサイネージ本体がセットになった月額制サービス「MONI-PA」を開始、アーバ…

  7. 東京メトロ日比谷線の新駅名称決定。「虎ノ門ヒルズ駅」に

  8. 最大16色に及ぶ多色印刷が可能なBambu Labの最新3Dプリンターが登場。出力スピードとAIによ…

  9. 建設業界の約7割が人手不足を実感。相次ぐインバウンド需要への対応で、賃金をアップする企業も増加傾向 …

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP