社内のあらゆる音声業務に対応できるAIロボットをPR。AIを実際の社員に見立てた「履歴書」の屋外広告が渋谷に登場! ソフトフロントジャパン

ビデオチャットやメッセージアプリのサービスを提供するソフトフロントジャパンは3月25日、東急東横線・渋谷駅の通路内に、自社製品であるAIボイスボット「commubo(コミュボ)」をPRする交通広告を展開した。掲出期間は、3月31日(日)までとなっている。

「commubo」は、継続的かつ複雑な音声の会話に対応できる自然会話型ロボット。自社で自由にトークスクリプトを作成できる柔軟性や、外部システムと相互接続できる協調性、迅速で複雑なやり取りにも問題なく対応するコミュニケーション力を有する。

その高速AIによって自然な会話を生み出すのはもちろん、Webからの簡単操作で、オフィス内と連携した使い方も可能。電話対応の自動化といった基本的な応対だけでなく、コールセンターや注文・予約受付、督促業務など、受電業務・架電を問わず、さまざまな業務に役立てられる。

>>>「commubo」の詳細はこちらから

今回は同製品の認知向上を目的に、東急東横線・渋谷駅と田園都市線・半蔵門線をつなぐ通路内に設置されたサインボード「東急東横線渋谷スーパーボード」に屋外広告を掲出。単なるAIツールではなく、社員と肩を並べて組織のなかで活躍する「力強い仲間」であるというメッセージを伝えるために、履歴書風のデザインと「採用」の文字で表現した。

さらに、履歴書内に記載された電話番号にかけると、実際に「commubo」と会話ができる隠れ機能も搭載。「企業の代表電話の一次受付」を想定したやり取りを行えるそうだ。

そのほかの欄にも、リリース開始日が書かれた生年月日など、遊び心のある記載を楽しめる。

対話を必要とするあらゆる業務に対応できる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. クレスト 店舗ディスプレイの効果測定に加え、店舗内の動線分析も可能に

  2. ワールドワイドで人気の高いIntec社のデジタルダイカッターを7月にリリース。販売代理店としてカッテ…

  3. 大阪のランドマーク看板「大ぴちょんくん」で熱帯夜の注意喚起

  4. 布素材のプロファイル作成を可能としたIJ出力のカラーマネージメント、エックスライト社

  5. 国内最大手VCのジャフコ グループと資本業務提携で合意、フジテックス

  6. 透明・不透明を切り替えられる調光フィルムが駅内コンビニで採用、凸版印刷

  7. 社員が働く環境を第一に考えた新オフィスにリニューアル。併せて、アップル社の創業者・スティーブ・ジョブ…

  8. 福岡・中州にエリア最大級のLEDビジョンが登場。放映回数が2倍になるお得な期間限定キャンペーンを開始…

  9. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP