さまざまなデータを自動生成できるAIを活用し、映像コンテンツや調査レポート、プレスリリースの自動作成を実現、バカン

AIとIoTを活用したデジタルサイネージサービスを提供するバカンは5月23日、自社で保有するサイネージメディアの利用をさらに推進していくと発表した。配信コンテンツの自動生成や、ユーザーへの提供価値の強化、業務の効率化などを目指し、生成系AIの活用をより積極的に進めていくという。

それに伴い、同社が掲げるプロジェクトは、以下の3つ。
①DOOH配信コンテンツ作成機能の強化
②「データ分析機能」の開発
③プレスリリースの自動作成

まず「DOOH配信コンテンツ作成機能の強化」において注力していくのが、同社製品のひとつであるトイレサイネージメディア「アンベール」のさらなる活用。従来通り、個室や性別が分かれる、といった特徴を生かした広告配信を続けつつ、ニュースや天気、季節、時間、ロケーション情報などを網羅したオリジナルコンテンツを自動的に生成できる機能を随時搭載させていくそうだ。例えば、トイレ利用時のリラックスタイムに合わせて、直近あったニュースなどを俳句形式にしたクスッと笑える映像を配信するなどして、トイレ利用者がより快適に日常を過ごせるような空間創出を目指していく予定だ。

トイレサイネージを活用し、AIによって自動生成されたコンテンツを随時配信していく

さらに、同社が提供しているデジタルサイネージの「データ分析機能」をさらにアップデート予定。これまでに集めてきたさまざまな場所の混雑データを、もっと簡単に、もっと深く理解できるようなサービスを提供していくという。混雑のパターンや、どの時間帯が混みやすいか、どれくらいの頻度でメディアを利用しているかなど、多彩な視点からデータを分析し、自動でレポートをまとめられるような機能を拡充予定だ。

分析機能のアップデートによって、より多くの視点から見た、客観的な人流データが得られる

そして、「生成系AIによるプレスリリースの自動作成」サービスも開始する。これにより、人間の作業量を大幅に削減し、省人化を実現。より少ないリソースで、高品質な情報を迅速に届けられるようになる。

同社は今後も、生成系AIを活用したさまざまな取り組みを模索。社会全体の生活の質の向上を目指して、サービス開発に力を入れていくそうだ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. パナソニック 東京・港で配電機器にデジタルサイネージ設置の実証実験

  2. サイン業界の出力業務を一手に引き受ける「インクイット」をオープン。広告印刷物関連のプリント通販サービ…

  3. ポスター広告でまちをジャックできる新しい屋外広告サービスを開始。第1弾として、東京・原宿エリアで展開…

  4. 夜を彩るネオンとサインを展示した写真展を開催、横浜市

  5. ファブリックサイン「LUFAS」が現在美術展のアート作品として採用。昇華転写だからこそできる独自な表…

  6. 3D猫で話題の「クロス新宿ビジョン」に効果検証サービスが追加。視聴者数・属性などのリアルタイム分析が…

  7. SDGsに配慮したWeb印刷に加え、デザイン代行も一貫で手がける全く新しいECサイトがオープン、fe…

  8. 首都高速道路沿いに新たな大型広告ビジョンを3面新設、ヒット

  9. 都内のLEDビジョン9カ所で同時に動画配信する新サービスを開始。期間限定で月額1万円の格安プランも用…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP