閉じる
  1. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  2. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  3. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボッ…
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
閉じる
閉じる
  1. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  2. 日経メッセ 街づくり・店づくり総合展、開催中止。新型コロナウイルスの感…
  3. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボッ…
  4. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結
  5. 大型屋外ビジョンへプログラマティックOOH広告を配信開始、ヒット
  6. 透明・不透明を切り替えられる調光フィルムが駅内コンビニで採用、凸版印刷…
  7. 虎ノ門ヒルズ駅周辺で路上変圧器による実証実験を開始、QUICK
  8. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  9. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  10. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森…
閉じる

看板経営.com

フィルム型太陽電池と一体化したアクリルタワーサイン、変なホテルハウステンボス

ハウステンボスは12月21日、2015年7月にオープンした「変なホテルハウステンボス」を増床し、第3期棟「サウスアーム」として56室を加えた。このエントランス付近では、最新のフィルム型太陽電池を活用し、看板照明の電源供給を図っている。将来的には、植物性由来の蓄電池も導入し、客室への電源供給も見据える。

同看板は、透明なアクリル素材によるタワーサイン内部に、フィルム型太陽電池を内蔵している。フィルムサイズはW90×H82mm・D0.5μ(ミクロン)で計72枚を使用。発電量は1時間あたり15Wとなっている。サイングラフィック部は業務用インクジェットプリンタでダイレクト出力したという。全体サイズはW1.05×H2.05m。施工はハウステンボス技術センター。

このフィルム型太陽電池はポーランドのSaule Technologies社が開発。他社の類似製品に比べて透明性に優れ、その汎用度の高さが注目されている。ハウステンボスでは、設置先を選ばないフィルムの特性を活かし、近くホテル外壁への設置も視野に入れる。

なお、増床した第3期棟では海外渡航客に配慮して同社初の和室を用意。客室の解鍵にはタブレット式顔認証システムを導入している。施設概要は次のとおり。

・敷地面積:2069.01㎡
・延床面積:2400.85㎡
・階  数:地上2階建
・客室総数:56室
・構  造:木造
・設  計:デザインキット
・施  工:松井建設

関連記事

  1. 国交省 安全点検の指針まとめる

  2. 資生堂とNKB 性別に合わせた交通広告の配信を試みる

  3. 渋谷駅直結・直上の新ランドマークが来秋開業へ。ロゴデザインやコン…

  4. 日比谷に118.5mの巨大ゴジラが登場!? 日本初の屋外イベント…

  5. 2019年4月の大阪三行合併で約400支店の看板架け替え見通し

  6. 京急120周年 リラックマ15周年とコラボ。駅名看板や電車・バス…

おすすめ記事

  1. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボックスは調光演出が進む
  2. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用、キングジム
  3. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  2. 日経メッセ 街づくり・店づくり総合展、開催中止。新型コロナウイルスの感染拡大を受け
  3. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボックスは調光演出が進む
  4. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結
  5. 大型屋外ビジョンへプログラマティックOOH広告を配信開始、ヒット
ページ上部へ戻る