閉じる
  1. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  2. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  3. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
閉じる
閉じる
  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本…
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
  6. 【連載/話題のスポット行ってみた vol.1 】南町田グランベリーパー…
  7. youtube Liveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から…
  8. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展…
  9. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン…
  10. ソーシャルディスタンスに関するPOPデザインを無料配布、スギタプリディ…
閉じる

看板経営.com

フィルム型太陽電池と一体化したアクリルタワーサイン、変なホテルハウステンボス

ハウステンボスは12月21日、2015年7月にオープンした「変なホテルハウステンボス」を増床し、第3期棟「サウスアーム」として56室を加えた。このエントランス付近では、最新のフィルム型太陽電池を活用し、看板照明の電源供給を図っている。将来的には、植物性由来の蓄電池も導入し、客室への電源供給も見据える。

同看板は、透明なアクリル素材によるタワーサイン内部に、フィルム型太陽電池を内蔵している。フィルムサイズはW90×H82mm・D0.5μ(ミクロン)で計72枚を使用。発電量は1時間あたり15Wとなっている。サイングラフィック部は業務用インクジェットプリンタでダイレクト出力したという。全体サイズはW1.05×H2.05m。施工はハウステンボス技術センター。

このフィルム型太陽電池はポーランドのSaule Technologies社が開発。他社の類似製品に比べて透明性に優れ、その汎用度の高さが注目されている。ハウステンボスでは、設置先を選ばないフィルムの特性を活かし、近くホテル外壁への設置も視野に入れる。

なお、増床した第3期棟では海外渡航客に配慮して同社初の和室を用意。客室の解鍵にはタブレット式顔認証システムを導入している。施設概要は次のとおり。

・敷地面積:2069.01㎡
・延床面積:2400.85㎡
・階  数:地上2階建
・客室総数:56室
・構  造:木造
・設  計:デザインキット
・施  工:松井建設

関連記事

  1. マス媒体からWebまであらゆる広告を分析する人口AIツール『D-…

  2. 【IGAS2018 レポート.6】NSK、ESKO、SCREEN…

  3. アートグリーンがサイン業者と提携

  4. 埼玉高速鉄道線 ビズライト・テクノロジーと共同でDS活用の新たな…

  5. 都内1万台に設置のタクシーサイネージ。広告連動型のサンプリング開…

  6. 【サインの森オープンセミナー】働き方改革とは多様性の受け入れ、サ…

おすすめ記事

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ

facebook

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本HP
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ
ページ上部へ戻る