SNS感覚で情報を発信できるデジタルサイネージアプリ「ニュースボード」を発表 サイバーステーション

サイバーステーションは3月6日、スマホやタブレットから簡単にコンテンツ配信などを管理運営できるソフトウエアサービス「デジサインアプリ」をリリースし、この第1弾となる「ニュースボード」を2024年3月15日から販売開始すると発表した。

同社が展開するオリジナルシステム「デジサイン」は、再生装置から配信管理ソフト、コンテンツサービスまでデジタルサイネージに欠かせない商材をオールインワンで提供。これまでに、ライセンスの総提供数は4万を超え、金融機関や複合商業ビル、小売店、駅・空港など多彩な採用実績を持つ。DXの加速によって近年は、企業のオフィスや工場・食堂などでオフィスサイネージとしての活用も進む。

今回リリースしたデジサインアプリ「ニュースボード」は、スマホなどのブラウザ端末からニュースボード専用のURLにアクセスし、SNS感覚で掲示板の記事を投稿できるWebアプリだ。投稿した記事はリアルタイムでデジタルサイネージに表示され、このニュースボードを活用すればコンテンツ制作や運用にかかる時間とコストを大幅に削減可能だ。

さらに、記事の投稿に当たっては、ディスプレイの縦置きや横置き、解像度に合わせて自動的にレイアウトされるので、投稿者はデバイスの設定仕様などを気にする必要がないのも嬉しいところだ。セキュリティ面にも配慮し、掲示板ごとに設定された管理者が承認した記事のみを掲載する「掲載承認機能」を用意。ビジネスシーンでも安心して運用できるようになっている。

主な活用シーン

主な利用用途は、商業施設におけるイベントなどの案内表示や、小売・外食店のサイネージによる販促活用を想定。オフィスや工場のビジネス用途では、従業員への各部門からのお知らせなど、サイネージ運用に最大限に効率化するという。

なお、サービスや料金は以下の通りで、ニュースボードの利用には「デジサインSaaS」サービスの契約が必須となる。

  • サービス名    :デジサインSaaS
  • 契約単位     :デジサインSTB1台に対して1契約
  • 月額サービス利用料:月額3,800円から
  • 契約方法     :デジサイン販売パートナー

>>>詳細はこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 地域と宿泊客をつなぐマップ型デジタルサイネージが熱海の大手ホテルに導入、インセクト・マイクロエージェ…

  2. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン

  3. ワンタッチで表示面を切り替えられる1枚2役の幕製品をECサイトで販売開始、ハクロマーク製作所

  4. 子会社化に伴い店舗ロゴを一新。10月から順次変更へ、ハンズ

  5. 新宿駅通路に横幅45m超えの巨大デジタルサイネージを新設。来春から配信開始、JR東日本

  6. 「SIGN EXPO 2023」が6月14〜16日に大阪南港ATCホールで開催。サイン業界関連企業4…

  7. 地元青森出身の王林さんを起用した路線バスラッピングで安全意識を啓発、キョウエイアドインターナショナル…

  8. Tシャツへのワンポイント印刷や名入れ印刷の内製化を勧めるオンラインセミナーを実施、理想科学工業

  9. 気象データと連動した情報を配信する「気象連動型デジタルサイネージ」を開発、ルグラン

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP