ポスター広告でまちをジャックできる新しい屋外広告サービスを開始。第1弾として、東京・原宿エリアで展開 halfwaytheir

広告とエンターテインメントを組み合わせた媒体事業を手がけるhalfwaytheirは12月7日、まちなかに点在する有効利用されていない壁面をジャックし、屋外広告として活用する新しいサービス「TIMES SQUARE」を開始すると発表した。本事業の第1弾として、まずは東京・原宿エリアを対象とした「HARAJUKU TIMES SQURE」を展開していくそうだ。

同サービスでは、落書きだらけのものや単体では収益化の難しいものなど、まちなかにある有効利用できていないあらゆる壁面をオーナーから一括借用し、「ジャックメディア」として広告主に提供。エリア内のいたるところに広告を掲出できるため、ビジョン広告やビルボードへの広告掲出などと比べて、より高い訴求効果を期待できるサービスとなっている。

掲出媒体は、原則ポスターのみ。単体では収益化の難しい未活用壁面のビジネス化を実現するとともに、落書きの消去・防止にも役立つ。既に落書きのある壁面においては、ポスター掲出前に消去するオーナー向けのサービスも行っているという。

まちなかの壁面を有効活用し、ポスター広告で原宿エリアをジャック

さらに同社では、1週間のポスター掲載ごとに子ども世代への寄付・プレゼント活動を行う慈善事業も実施。掲載エリアに売上の一部を還元し、各地域に活気やにぎわいを生み出したり、ビジネスの活性化、治安向上させるのを目的にしているそうだ。壁面のオーナーには、プレゼント活動の模様をニュースレターとして配信する予定になっている。

なお、掲出するポスターには、石灰石を主原料としたリサイクル可能なメディア「LIMEX」を採用。SDGsへの貢献にも注力している。

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る