jeki 「交通広告グランプリ2018」作品募集を開始。作品応募は5月10日まで

ジェイアール東日本企画(jeki)は、「交通広告グランプリ2018」の作品募集を開始した。応募〆切は5月10日まで。

同賞では、第30回を機に各部門の構成と名称を変更。車両デジタルメディア部門、駅デジタルメディア部門、車両メディア部門、駅メディア部門、駅サインボード部門、企画・プロモーション部門の全6部門で、グランプリ1点、最優秀部門賞6点、優秀作品賞30点、JR東日本賞1点の計38作品を選出する。

応募対象は、2017年4月1日から18年3月31日の間に、jekiが管理・販売するJR東日本、つくばエクスプレス、ゆりかもめ、りんかい線、JR貨物の駅および車両の媒体に掲出・放映された交通広告作品。グランプリとJR東日本賞は、部門を問わず全ての応募作品の中から選出される。

受賞作品の発表ならびに贈賞式は、7月下旬を予定。特設webサイト等でも受賞作品を発表するほか、都内で受賞作品の展示会の開催も予定している。

>>>報道発表

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 学生がデザインした「ポイ捨て防止 路面シート」を掲出。市内全域への設置も見込む、町田市

  2. ピクトグラムのJIS改正

  3. 景観を損ねずに5G回線に対応できる、デザイン性に優れたフィルム型アンテナを開発。2025年に本格リリ…

  4. 九州サイン&デザイン ディスプレイショウ 6月1〜2日に開催

  5. 9月1日からカーラッピングとフリートマーキングの競技大会「FESPA World Wrap Mast…

  6. メトロ アド 3ミニッツと実証実験。電子看板で店舗の在庫情報をリアルタイム配信

  7. 今までにない多彩な光のデザインを実現する、マイクロLED搭載の次世代照明器具を発表 パナソニックエレ…

  8. 最新機種の実機デモが見られるグローバルオンラインイベントを開催。各マシンを活用したサイン業界向けの多…

  9. 電通 「2017年 日本の広告費」を発表。屋外広告は3,208億円と微増

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP