JR池袋駅前に2面1セットの巨大屋外デジタルサイネージが登場! 3D秋田犬とフクロウが登場する3Dコンテンツも同時配信 ヒット

大型屋外ビジョンを多数保有するヒットは11月6日、JR池袋駅東口エリアの屋上と壁面に新たに設置した上下2面の大型LEDビジョン「池袋ヒットビジョン」の本格稼働を開始した。同社の運営しているデジタルサイネージではおなじみの存在となっている「3D秋田犬」も登場し、2画面によるシンクロ放映を常時行っていく予定だ。

同ビジョンは、屋上部分がH12.48×W21.12m、壁面部はH11.52×W8.64mで、2面合わせて合計363.1㎡を誇る大画面が特徴。上下に分かれた特徴的な画面構成で、両者を連携させた特殊な映像コンテンツを配信できる。

そして、日本有数の駅利用者数を誇る池袋エリアだからこそ、より多くの人に訴求できるのも大きなポイント。ショッピングに訪れた若者層はもとより、観光に訪れた海外のインバウンド層、アニメ、演劇、漫画、アートを求めるサブカル層、オフィスビルに訪問するビジネスマンなど、多種多様の老若男女に幅広く映像を届けられる。

加えて同ビジョンをPRする一環として、同日から「3D秋田犬」を活用した特別コンテンツ「巨大3Dカラクリ時計」を配信。1時間に1度、秋田犬とともにフクロウが登場し、毎時0分を音声とともにお知らせしてくれるそうだ。

コンテンツの放映時間は、約30秒。スイッチやレバーを使って何やらいたずらを仕掛けようとする3D秋田犬とフクロウの掛け合いを楽しめる内容になっている。

毎時0分になると3D秋田犬とフクロウが登場し、上下2面の大型ビジョンを動き回る

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 掲出先での看板デザインの見え方を事前に確認できるMRアプリ

  2. 新型コロナ対策として中小企業に200万円を申請から2週間で給付、経済産業省

  3. 市内初の駅ナカ啓発拠点「SDGsステーション横浜関内」を関内駅に3月28日からオープン 横浜市

  4. 子会社化に伴い店舗ロゴを一新。10月から順次変更へ、ハンズ

  5. より安定した印刷品質を実現するロールtoロールIJP 2機種を全世界で販売開始、ミマキ

  6. 東証二部上場に伴う決算情報を発表、表示灯

  7. 日本初となる屋外広告枠の販売にNFTを活用した実証実験、LIVE BOARD

  8. 「TV×Web×OOH」のメディアミックスで期待できる広告効果を検証。交通広告が購買意欲の向上に大き…

  9. 「テレビ×Web×DOOH」の広告効果を可視化する実証実験を開始。国内を代表する広告代理店や通信キャ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP