新宿駅に史上最大サイズのプラモデルが登場。イベントも展開

本格ロボットアクションゲーム「BORDER BREAK」の実物大プラモデルが7月2日、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードに登場。

これは、セガ・インタラクティブが「BORDER BREAK」のPS4版発売(8月2日)を記念して始動させた「1/1プラモデルプロジェクト」の一環である。メトロプロムナードに8日まで実物大プラモデルの〝ランナー〟が掲出されるほか、期間中にはロボットの組み立て作業員がランナーからパーツを切り取るイベントも行う予定だ。開催日時は7月4日14時〜16時、6日14時〜15時、8日14時〜15時。

この造形物のモデルは、PS4版「BORDER BREAK」に登場する巨大ロボット「ブラスト・ランナー」の輝星・空式。制作にあたっては、プラモデル製造販売大手メーカーのコトブキヤが完全監修した。同社によると、史上最大サイズのプラモデルになるという。

コトブキヤの担当者は、「その圧倒的な迫力もさることながら、ディティールの再現度にも注目して欲しい。今回のプロジェクトでは、1パーツずつスチロール樹脂の素材等で仕上げることで、その細部なメカニックを精巧に再現している」とコメントする。

実物大プラモデルのランナーまでも再現。広告面にはプレイヤーらの声を掲載

実物大プラモデルのベースとなる広告グラフィックスには、ゲームプレイヤー=ボーダーらの声を表現。これは事前にTwitter上で実施した「BORDER‘S VOICE PROJECT」で集まったもの。ハッシュタグ「#ボーダーの声」の中から選ばれた戦闘の記憶やPS4版への期待などが記載されている。

©SEGA

>>公式Webサイト

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 交通広告のクロスメディア効果まで測定できる独自サービス「トレインクロス」を提供開始、ブログウォッチャ…

  2. モンスト4周年 都内でOOH展開

  3. 床面の案内サインに最適な照射型ライトをリリース。プラスチック使用量や貼り替えの手間を削減 カムビアス…

  4. グッズ製作ビジネスを学べるオンラインセミナーを9月に開催。月末には、価格高騰に悩む経営者向けのセミナ…

  5. 200㎡超の巨大L字型広告ビジョンを表参道に新設。3D広告の制作もワンストップで対応、ヒット

  6. 全国のOOH情報を網羅したポータルサイトが誕生、ジェイアール東日本企画

  7. 歯科医院向け動画配信サービスの提供を開始、日本ビスカ

  8. 渋谷のポスター連貼り媒体に、リサイクル可能な新素材を採用

  9. 人気の器具一体型外照式LED「アドビュー」シリーズに、出幅99㎜のコンパクトサイズを追加。屋内、間接…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP