掲出先での看板デザインの見え方を事前に確認できるMRアプリ

神戸デジタル・ラボは、看板デザインが実際の掲出先でどのように見えるか可視化する、空間プレビューアプリ「Creative Design X(仮)」の開発に成功した。

このアプリは、各種書体のリーディングカンパニー・モリサワと共同開発したもので、現実世界にCGによる仮想映像を融合するMR(Mixed Reality)技術が活用されている。

具体的には、これまでデザイナーがPC画面などの平面で確認していた看板やポスター、案内板などを、デザインの段階から現実に近い空間での見え方を確認できるアプリケーションになっている。

MRデバイスとして、マイクロソフト社の「Microsoft HoloLens」を装着することで、制作段階にある看板デザインなどを掲出予定の現実空間に重ね、リアルに近い空間での見え方をプレビューで確認することが可能だ。さらに、プレビュー空間上でフォントを自在に変更して比較することも実現している。

設置場所やデザインが効果に大きく影響空する看板デザイン。今回開発したアプリにより、街頭の看板や駅の案内板、電車内の交通広告、展示会でのブースなどについて、さまざまな角度からの視認性、動線に応じた分かり易さやアイキャッチ、景観への影響といった様々なシチュエーションを事前に検証可能となる。

画像引用:神戸デザイン・ラボ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 歯科医院向け動画配信サービスの提供を開始、日本ビスカ

  2. 渋谷と戎橋の大型屋外広告ビジョンで日本初の本格3D広告映像を放映開始、ヒット

  3. ウインドウ装飾やフロアサインを充実させたグラフィカルの新カタログ発刊、リンテックサインシステム

  4. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP

  5. デジタルサイネージを活用したNFT販売の実証実験を実施、丹青社と三井不動産

  6. JFX600-2513のインク容量を最大3Lに増加へ。MDLコマンドとの組み合わせで長時間の無人運転…

  7. 東急電鉄 世界最大の新世代型LEDビジョンを渋谷駅構内に設置へ

  8. 屋外広告を意識して見るが半数

  9. UVインク搭載機「UCJV300」シリーズと粘着剤付化粧フィルム「パロア」の活用方法を学べる施工実演…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP